Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から新城毅彦監督、眞栄田郷敦、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、橋本環奈、遠藤憲一。

片寄涼太がキスマークで染めた「0キス」舞台挨拶

ナタリー

19/12/4(水) 20:57

本日12月4日に東京・丸の内ピカデリーで映画「午前0時、キスしに来てよ」の先行上映舞台挨拶が行われ、キャストの片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、橋本環奈、眞栄田郷敦、遠藤憲一、監督の新城毅彦が登壇した。

「午前0時、キスしに来てよ」は「別冊フレンド」で連載中の同名マンガを実写化した作品。片寄演じる国民的スターの綾瀬楓と橋本扮する女子高生・花澤日奈々の秘密の恋が描かれる。

12月6日の全国公開に先駆けて行われた本日の舞台挨拶では、登壇者たちが撮影エピソードやそれぞれの役についてトークを展開。片寄は自身の役柄を「恐縮してしまうような役どころ」と語りつつ、「GENERATIONSでの活動など、今まで過ごしてきた時間すべてを楓に注げた気がします」と自信をのぞかせた。続いて片寄と橋本による“マスク越しのキス”や“鼻かじキス”などの一風変わったキスシーンについて話題が及ぶと、その手応えを聞かれた片寄は「マスクを挟んでおりますので、手応えはなかったです」と回答。このシーンについて新城監督からは「すごくよかったよ」と演技を絶賛され、まんざらでもない様子を見せた。そして橋本が「風邪を引いた人とのキスにはいいですね」と観客に提案すると、すかさず片寄は「風邪引いてなくてもやってみましょうよ!」と声を張り上げる。また“マスク越しのキス”についてコメントを求められた遠藤は「羨ましかったです」と口にし、「僕が(映画やドラマで)マスクを着けると、だいたい銀行強盗役だから」と自虐的に語った。

舞台挨拶では映画の内容にちなみ、スクリーン上にキャストたちのキスマークを投影。出演者がそれぞれのキスマークについてコメントする中、片寄は口が半開きとなった眞栄田のキスマークについて「なんかワイルドでいいね」と感想を語る。その後、片寄のキスマークがプリントされた紙が観客に配布され、その光景を見た片寄は「僕のキスマークで丸の内(ピカデリー)を染めましたね」とニヤリ。最後に片寄は「芸能人との恋は男性も女性も憧れだと思います。そんな夢の世界が描かれたこの作品をたくさんの人に味わってもらえたら」と「0キス」をアピールし、舞台挨拶を締めくくった。

(c)2019映画「午前0時、キスしに来てよ」製作委員会

アプリで読む