Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

超特急

EBiDAN、世界に羽ばたくぜ!超特急が大トリ担った「エビライ」熱狂の2日間に幕

ナタリー

18/8/30(木) 7:01

EBiDANのライブイベント「EBiDAN THE LIVE 2018 ~Summer Party~」が8月28、29日の2日間にわたり東京・東京国際フォーラム ホールAにて行われた。

「EBiDAN THE LIVE」は、EBiDAN(恵比寿学園男子部)に所属するグループが一堂に会する年に一度のビッグイベント。会場を埋め尽くす約5000人の観客の声援の中、超特急、DISH//、PrizmaX、M!LK、SUPER★DRAGON、EBiSSH、さくらしめじ、HONG¥O.JP、さとり少年団の9組はそれぞれに熱演を繰り広げた。この記事では昨日29日に行われた2日目公演の模様をレポートする。

2日目公演は、BATTLE BOYS TOKYOによる「my soul」で幕開け。同日に行われたEBiDAN 39&KiDSのグループによるライブバトルイベント「夢と涙のD7 ~ROAD TO EBiDAN THE LIVE 2018~」で勝利しオープニングアクトとしての出演権を勝ち取った彼らは、はつらつとしたパフォーマンスで「エビライ」のスタートを飾った。そののちオープニングVTRがビジョンに映し出されると、1日目の公演で新体制での再スタートを発表したM!LKが本編のトップバッターとして姿を見せる。前日のライブとは打って変わって勢いよくファンの前に飛び出すと、塩崎太智は「おはようございます、トップバッターM!LKです! 叫べー!」と絶叫。彼らが披露したのは7人バージョンの自己紹介ソング「めちゃモル」で、曲中の口上パートでは山中柔太朗、曽野舜太、琉弥の新メンバー3人もしっかりと決めゼリフを放って大きな歓声を集めていた。

新曲「Over The Storm」を歌いM!LKがステージをあとにすると、2番手のさとり少年団は「WE/GO」で息の合ったユニゾンを聴かせた。颯斗は「2日目、最高に楽しんでいきましょう!」と客席を煽り、大きなダンスで自身もステージを楽しむ。スタジャンを脱ぎ捨ててアロハシャツ姿になった彼らは続けて「夏へダイビング」(仮)を届け、陽気なサウンドに躍動しながらタオルを回して観客と笑顔を交わしていた。シックなストライプ柄のセットアップでスポットライトを浴びたEBiSSHは、NAOYAの「I love you, BAEBAE」という甘いささやきと共にキラーチューン「恋はタイミング」をドロップする。彼らの歌に合わせて会場からはタイミングよく「YES!」とコールが飛び、KOHKIは「今だけは俺たちを見ろよ……I want you, BAEBAE」とキラーフレーズで注目を一身に集めてみせた。続く「Let's EBiSSH!」で2手に分かれて客席に降り、サービス精神旺盛なカメラアピールを見せた彼らはPrizmaXへとバトンをつなぐ。森崎ウィンはファンに向かってクラップをするように促し、4人は手拍子の音に乗って「my girl」で軽やかに楽しげなステップを踏んだ。また2曲目の「yours」では冒頭のアカペラパートを豊かに歌い上げたウィンのボーカルに観客が息を飲む。ダンサーの福本有希、島田翼、清水大樹も情感豊かな表現で楽曲の世界観を描き出し、4人が2曲で見せた鮮やかなコントラストに観客は魅了されていた。

EBiSSHとさとり少年団によるONE N' ONLYがセクシーかつワイルドに「I'M SWAG」を歌い踊ったのち、舞台上はJOEのDJブースが登場。HONG¥O.JPの3人は照明を少し落としたステージの上で、バックライトを点けたスマートフォンを手に「Just Do It」を歌い、JOEは元気に手を振ってオーディエンスを巻き込んでいった。TOMAが「OK、全員手を挙げろ!」と呼びかけた「SUPER BANANA」ではメインステージを飛び出した彼ら。サイドステージで煽りまくるRYUTO、1人ひとりと丁寧にハイタッチを交わすJOEとそれぞれの方法で観客とのコミュニケーションを楽しみ、TOMAは「EBiDAN THE LIVE、このまま盛り上がっていきましょう!」と呼びかけていた。

怒涛のパフォーマンスリレーが繰り広げられた前半戦、最後に登場したDISH//は北村匠海(Vo, G)の「行こうぜー!」という叫びと共に「I Can Hear」をドロップ。シンプルなバンド編成でのライブを展開した前日とは違い、この日は”ダンスロック”のパフォーマンスで躍動した。橘柊生(DJ, Rap, Key, Flying Dish)が「みんなの声を僕らにください!」と呼びかけると、会場中から「オイ! オイ!」と力強い声が沸き上がる。泉大智(Dr)のダイナミックなドラミングが轟いた「It's Alright」でも匠海はエネルギッシュに踊りながら歌声を響かせ「まだまだ行けるかー!?」とオーディエンスを鼓舞。2曲のダンスロックナンバーを全力で駆け抜けた4人はラスト、紙皿を思い切り宙へ放ってさっそうとステージをあとにした。

前日は「ぶなしめじ」「通勤快速」という1日限りのスペシャルユニットが会場を大いに沸かせたシャッフルステージで、この日は「生肉★ドラゴン」と「CASH¥¥」なるユニットがその全貌を現した。玲於役をRYUTO(HONG¥O.JP)、毅役を有希、ジャン役を柊生、颯役を颯斗、そして壮吾役をJOE、洸希役を永玖、彪馬役をTETTA、和哉役を大樹、楽役をREIが担った生肉★ドラゴンはSUPER★DRAGON「ワチャ-ガチャ!」をカバー。柊生と大樹のラップリレーに会場が沸くと、TETTAはいたずらっぽい笑みを浮かべながら自身のパートを歌い、自己流のアレンジでファンを楽しませた。また毅役でボーカルを担った有希は、パフォーマーとしての普段の姿からは知り得ない確かな歌唱力を提示して観客を驚かせる。途中までは真面目に歌っていた彼だが、最後には「ハニーたち、愛してるぜ!」と自分を出してキラースマイル。個性が強すぎるボーカルと実力派2人のラップが絡み合う、クセがすごい9人組のステージを観客は大いに楽しんだ。

シャッフルステージのラストを飾ったCASH¥¥のメンバーは、匠海役に洸希(SUPER★DRAGON)、矢部昌暉役に太智、柊生役にタカシ(超特急)、大智役に玲於(SUPER★DRAGON)という顔ぶれ。DISH//「FLAME」で洸希が力強いロックボーカルを聴かせると会場からは悲鳴のような歓声が上がる。またタカシはDJブースのマイクを引き寄せて雄々しいアジテーションを披露。間奏では太智が一心不乱にエアギターをかき鳴らす見せ場も用意された。ラストには玲於もドラムセットを飛び出し、タカシの「いくぞ!」という声を合図にオーディエンスを思い切り盛り上げた4人。曲を終え、袖にハケながら太智と洸希が「ギターめっちゃ落ちる!(笑)」と声を上げると、最年長のタカシが即座に「おいでおいで、ギター下ろそうな!」と彼らを呼び寄せた和やかなやりとりでも、ファンの心をしっかりとつかんでいた。

ライブ後半戦はさくらしめじのステージからスタート。初っ端から激しいギターセッションを展開して驚きを誘うと、田中雅功は「いつまでもさくらしめじのことナメてんじゃねえぞ? もっと行けんだろ、踊れよ!」と観客を煽り、「でぃすとーしょん」でがなりを効かせたボーカルとギタープレイを披露してみせた。いつになくアグレッシブな振る舞いで驚かせつつ、2曲目には思いを込めてじっくりと歌い上げる弾き語り曲「朝が来る前に」で振れ幅の広さを見せた2人。軽快なやりとりで楽しませたMCを経て、ラストの「スタートダッシュ」では息ぴったりなギターの応酬からさわやかなハーモニーを響かせる。楽しそうな笑顔でステージを駆ける彼らの歌声に合わせ、オーディエンスは手拍子で楽曲を彩った。

続くSUPER★DRAGONのアクトは、毅の「エビライ、ブチ上げていこうぜ!」という呼びかけから「Monster!」で幕を開けた。艶っぽい身振りでこの曲を届けると、彼らはレゲエナンバーの「ゲットレジャーニー」を前日とは異なるアレンジで披露してタオル回しの波を客席に発生させる。さらにこの日はファイヤードラゴンとサンダードラゴンに分かれてユニット曲でもファンを楽しませた9人。「ゲラゲラ」で颯が玲於をダイナミックに肩車するアクロバットを見せたファイヤーに対抗し、「リマカブロ!」ではサンダーの5人が和哉をライダーに見立てたバイクの陣形で会場を盛り上げる。サンダーのパフォーマンスにファイヤーの4人が合流して、9人でより強力なバイクふうのフォーメーションを作り出したのちは、そのまま最新曲の「SWEET DEVIL」へ。気合いを入れるようにフードを深くかぶった和哉が思い切りデスボイスを響かせた間奏パートではダイナミックなクランプダンスでオーディエンスを圧倒するなど、スパドラは終始攻撃的なステージングで持ち味を存分に発揮していた。

2日間にわたるお祭り騒ぎの大トリを担ったのは超特急。暗転したステージにダンサーの5つの影がほのかに浮かび上がるとその奥からタカシがゆっくりと前へ歩みを進め、1曲目にはTAKAHIROが振り付けを手がけた「Feel the light」が届けられた。ファルセットを効かせたタカシのボーカルに乗せ、ダンサーは繊細かつダイナミックな表現で曲の幻想的な世界観を描き出してみせる。自身のアクトの幕開けをドラマチックに彩り観客を惹きつけると、彼らは2曲目にクールなキラーチューン「Kiss Me Baby」をドロップして一層の熱狂を誘った。続く「Burn!」ではユースケやカイが「EBiDANファミリーの皆さん! 僕らメンバーの名前をこの会場に響かせてほしい!」と観客の声を求め、6人はステージサイドまで駆け出してオーディエンスを1つにしていく。大サビではタクヤの「ここにいるみんなで歌ってほしい。知ってる人も知らない人も、魂で叫べー!」という絶叫に応えた5000人の大合唱が、広い会場に響き渡っていた。

勢いをゆるめる気のない彼らはそのまま「SAY NO」へとなだれ込み、「NAI NAI NAI NAI NAI!」と全身を震わせて一層の狂騒を誘う。リョウガの「あ、ラストはこの曲ですうー」という独特すぎる曲振りでスタートしたラストナンバーは、彼がセンターで躍動する「超えてアバンチュール」。曲中のセリフパートではユーキが「EBiDANがNo.1だ!」とフレーズを言い変え、ユースケは「エビダーン!!」と叫び声を上げる。そしてユーキが「恥ずかしがらずに身体折れ!」と煽ると観客によるヘッドバンギングの応酬で、場内の熱狂は最高潮に達した。

容赦のない全力パフォーマンスで文字通り会場を揺らした超特急のステージの余韻が残る中、「エビライ」はフィナーレへ。MCを担ったカイとリョウガの呼びかけで出演グループは1組ずつ感想を語り、RYUTOは「めちゃくちゃ楽しかった。最後の“超えアバ”、すごい楽しかったです!」と先輩のライブを興奮ぎみに振り返った。また、M!LKのターンではなぜかDISH//の大智が「新体制になりましたが、最後までみんなと一緒に駆け抜けていけたらと思います!」とメンバーになりきってメッセージを伝える。すると今度はM!LKの太智がDISH//のターンでコメントを担当。彼は昌暉と一緒に昌暉の決めゼリフ「パンティー!」を叫び、満足げな笑みを浮かべていた。

最後にコメントをリレーしたユースケは「また俺たちと『エビライ』やろうぜ! その日を楽しみにしてます!」と笑顔で観客に語りかけた。そして、リョウガが「OK。EBiDAN、世界に羽ばたくぜ!」と言うと全体曲の「恋心」へ。銀テープが宙を舞う中、ステージ上のメンバーはグループの垣根を超えたセッションを楽しみながらこの曲をファンに届け、晴れやかなムードの中で年に一度のお祭りに幕を下ろした。

「EBiDAN THE LIVE 2018 ~Summer Party~」2018年8月29日 東京国際フォーラム ホールA セットリスト

BATTLE BOYS TOKYO

01. my soul

M!LK

02. めちゃモル
03. Over The Storm

さとり少年団

04. WE/GO
05. 夏へダイビング(仮)

EBiSSH

06. 恋はタイミング
07. Let's EBiSSH!

PrizmaX

08. my girl
09. yours

ONE N' ONLY

10. I'M SWAG

HONG¥O.JP

11. Just Do It
12. SUPER BANANA

DISH//

13. I Can Hear
14. It's alright

生肉★ドラゴン

玲於→RYUTO(HONG¥O.JP)、毅→福本有希(PrizmaX)、ジャン→橘柊生(DISH//)、颯→颯斗(さとり少年団)、壮吾→JOE(HONG¥O.JP)、洸希→永玖(さとり少年団)、彪馬→TETTA(EBiSSH)、和哉→清水大樹(PrizmaX)、楽→REI(EBiSSH)

15. ワチャ-ガチャ!

CASH¥¥

北村匠海→洸希(SUPER★DRAGON)、矢部昌暉→塩崎太智(M!LK)、橘柊生→タカシ(超特急)、泉大智→玲於(SUPER★DRAGON)

16. FLAME

さくらしめじ

17. でぃすとーしょん
18. 朝が来る前に
19. スタートダッシュ

SUPER★DRAGON

20. Monster!
21. ゲットレジャーニー
22. ゲラゲラ
23. リマカブロ!
24. SWEET DEVIL

超特急

25. Feel the light
26. Kiss Me Baby
27. Burn!
28. SAY NO
29. 超えてアバンチュール

全員

30. 恋心

(撮影:米山三郎、笹森健一、小坂茂雄)

アプリで読む