Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

香取慎吾が配線に絡まる、三谷幸喜脚本ドラマ「誰かが、見ている」予告映像公開

ナタリー

20/9/4(金) 6:00

「誰かが、見ている」メインビジュアル(c)2020 Amazon Content Services LLC

9月18日(金)にAmazon Prime Videoで配信される、香取慎吾が主演を務めるドラマ「誰かが、見ている」のメインビジュアルと予告編が公開された。

「誰かが、見ている」は、Amazon Prime Videoが日本のプライム会員向けにサービスを開始して5周年の節目に配信される8話構成のドラマシリーズ。何をやっても失敗してしまう主人公・舎人真一と、真一の生活をのぞき見することをひそかな楽しみとしている隣人・粕谷次郎に巻き起こるさまざまなハプニングが描かれる。香取慎吾が真一を、佐藤二朗が次郎を演じ、三谷幸喜が脚本と演出を手がける。公開された予告編では、真一が配線に絡まったり、炭酸を吹きこぼしてしまったりするなど、ユーモアあふれるシーンを観ることができる。

またメインビジュアルと予告編の公開と合わせて、本作が全世界で同時配信されることが発表された。これに関して香取は、「『誰かが、見ている』は、すごく面白いので一人でも多くの人に見て欲しいと強く思っている作品です。世界中の人々にこの作品を観てもらえることがとても嬉しいです。香取慎吾ではなくて、“舎人真一”というキャラクターを愛してくれるファンが世界に溢れたらたらいいなと思います」とコメントしている。さらに全世界同時配信を記念して、9月12日(土)20:00から「誰かが、見ている」のYouTube公式チャンネルと公式Twitterアカウントで全世界同時オンライン試写会が行われる。この試写会の詳細は、ドラマの公式SNSアカウントで追ってアナウンスされる。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む