Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「マイ・ビューティフル・デイズ」

ティモシー・シャラメが思いを寄せる先生を名前呼び、主演作の本編映像

ナタリー

19/10/31(木) 11:00

ティモシー・シャラメが主演を務める「マイ・ビューティフル・デイズ」より、新たな本編映像がYouTubeで公開された。

ジュリア・ハートが監督と脚本を担当した本作では、英語教師スティーヴンスと3人の学生たちが演劇大会に挑む週末が描かれる。スティーヴンスに恋心を抱き、行動障害を持つ学生ビリーにシャラメ、スティーヴンスにリリー・レーブが扮したほか、演劇大会に同行する優等生のマーゴットをリリ・ラインハート、陽気なサムをアンソニー・クインタルが演じている。

公開された映像には、演劇大会の本選を翌日に控え、そろって夕食をとる4人の姿が。マーゴットがウェイターの視線から「先生に気がある」とスティーヴンスをからかいはじめると、ビリーが「レイチェルに構うな」と彼女のファーストネームを呼び捨てにして制する。スティーヴンスが「その呼び方は?」と注意するも、ビリーは悪びれず「親しいのに」と口にした。

「マイ・ビューティフル・デイズ」は11月1日より東京・新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開。

(c)2016Young Dramatists, LLC.All Rights Reserved.

アプリで読む