Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

年末企画:児玉美月の「2018年 年間ベスト映画TOP10」 女性映画の勢いが止まらない

リアルサウンド

18/12/24(月) 12:00

 リアルサウンド映画部のレギュラー執筆陣が、年末まで日替わりで発表する2018年の年間ベスト企画。映画、国内ドラマ、海外ドラマ、アニメの4つのカテゴリーに加え、今年輝いた俳優・女優たちも紹介。映画の場合は2018年に日本で劇場公開された(Netflixオリジナル映画含む)洋邦の作品から、執筆者が独自の観点で10本をセレクト。第7回の選者は、映画ライターの児玉美月。(編集部)

参考:“内”にではなく“外”に開かれた希望ーー『空気人形』に通ずる『万引き家族』の空虚や孤独の可能性

1. 『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』
2. 『グレイテスト・ショーマン』
3. 『シシリアン・ゴースト・ストーリー』
4. 『ナチュラルウーマン』
5. 『万引き家族』
6. 『テルマ』
7. 『オーシャンズ8』
8. 『アバウト・レイ 16歳の決断』
9. 『ROMA/ローマ』
10. 『女は二度決断する』

 奇しくもベスト3に「ゴースト」と名の付く映画が2本入った。かつてマクシム・ゴーリキーがリュミエールのシネマトグラフに亡霊的な情景をみたように、彼がこの時に得た映画への知覚に依拠すれば、映画はその眼で現実に見ている「生」の世界ではなく、カメラが映し出した虚空の「死」の世界とも言えよう。2018年のベスト映画に選出した『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』は、定冠詞ではなく不定冠詞の物語であり、匿名性が高い故にあらゆる人の人生をも憑依させ得る魔力を纏っている。ひとたび観たなら、映像が反復され主題が反芻され、まるで映画自体が亡霊であるかのようにたちまち取り憑かれてしまう。だからそういう意味において、映画がゴーストを描いているという以上に、映画自体が亡霊そのもののようでもある。思えば心に残る映画というのは、いつも亡霊のようなものであったではないか、とこの作品はそっと囁き掛けてきた。

 また、前年も触れたように今年もまたトランスジェンダーを主題とした映画作品が秀逸で、2作品を選出した。特に4位の『ナチュラルウーマン』はトランスジェンダーの役者自身が演じている点、同テーマでアカデミー賞外国語映画賞を受賞した点でさらに意義深い作品となった。

 6位の『テルマ』は、『RAW~少女のめざめ~』、『ゆれる人魚』、『ブルー・マインド』など少女の覚醒ものが数多く散見された中でも、レズビアニズムと北欧の独特な雰囲気が妖しく結びつき、もっとも印象深かった作品として挙げた。

 今年は過半数の作品が女性映画となったが、女性映画が男性映画の興行成績を上回っているという調査が出たことからも明らかなように、女性映画の勢いが止まらない。2017年に一気に広まった「#MeToo」に続き、今年のはじめには「Time’s Up」が起き、『万引き家族』がパルムドールを受賞したカンヌ国際映画祭では、女優たちが集まってジェンダー格差について是正を呼びかけた。『オーシャンズ8』はまさに昨今のそんな潮流を体現したような映画で、女性による女性のためのエンパワメント映画。来年は女性のスーパーヒーロー映画『キャプテン・マーベル』などの公開が控えるが、この『オーシャンズ』シリーズや『ゴーストバスターズ』シリーズを例として、男性のもの/男性だけの世界と見做されていたジャンルでも、女性によるリブート映画が今後も続々と製作されていってほしい。

 本年度最後の締めくくりとして観た『ROMA/ローマ』はNetflixオリジナル作品だが、劇場公開を前提としない映画であっても、これだけの映画体験を観客に与えられるものかと衝撃でさえあった。

 そして願わくは、2019年もまた素晴らしい映画周遊ができることを。この年に出逢った、たくさんの亡霊たちを引き連れて。(児玉美月)

アプリで読む