Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ドラマ「神酒クリニックで乾杯を」記者会見の様子。

三浦貴大×安藤政信「神酒クリニックで乾杯を」会見、山下美月はきなこ棒で幸運感じる

ナタリー

19/1/12(土) 6:00

連続ドラマ「神酒(みき)クリニックで乾杯を」の記者会見が、1月10日に東京・テレビ東京本社で開催され、キャストの三浦貴大、安藤政信、山下美月(乃木坂46)、松本まりか、柳俊太郎、板垣李光人、原作者の知念実希人が登壇した。

本作は、世間に知られることなく超VIPの患者に高度な医療を提供する“神酒クリニック”を舞台にしたメディカルミステリー。医療事故で働き場所を失い、神酒クリニックで務め始める外科医・九十九勝己役の三浦は、手品が得意な役であることから「1話で手品をするシーンがあったので、もっと必要になるかもしれないと思って練習していたんですけど、全然出てこなくて……」と残念がる。さらに「九十九は手先が器用なので、人にバレないように何かするという特技につながっているんですが……ほぼスリですね。スリの練習はいまいちやっていません」と笑いを起こした。

クリニックの院長・神酒章一郎役の安藤は、同じく医療ものの「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~」に出演経験があるため「医療に関しては『コード・ブルー』でやっていたので、(知識が)そのまま通用する。この作品ではそれよりも事件を解決するほうに重点を置いている感じがします」と楽しそうに説明。「フジ(テレビ)のスキルを僕が受け継いで、テレビ東京に持ってきました!」とジョークを飛ばした。

天性の幸運を持つおっとりした清純派看護師・一ノ瀬真美役の山下は「私も生まれたときから運がよくて、芸能界に入ったのも運。運でここまで来たみたいなところがあります」とコメント。最近経験した幸運エピソードを聞かれると「きなこ棒を食べたんですけど、当たりました」とマイペースに答えた。

産婦人科医 / 小児科医として働く夕月ゆかり役の松本は、セクシーな役作りの苦労を「“無理をする”がテーマ。負荷がかかる立ち方や座り方をして、外見から作っていきました」と語り、「バストのほうも、とっても……」と胸の谷間を強調するシーンがあることをほのめかした。

ハッキングが得意な内科医・黒宮智人役の柳は「僕は極度の人見知りの役。1話は特にしゃべらなかったのでつらかった」と告白。「役作りとしては、何社かハッキングさせていただきました。あと普段から人見知りぶってたくらいですかね」とボケて三浦らにツッコまれ、「すみません、何もやってないです」とはにかむ。人の心を読むことができる32歳の精神科医・天久翼の板垣は、自身が16歳であることから「実年齢のちょうど倍。本当に自分が32歳に見えているのか、オンエアが楽しみでありながら不安です」と心境を語る。芝居については「人の表情筋から考えを読み取る役なので、相手の顔のどこを見たらわかるのかなど、能力的なところを勉強しました」と明かした。

会見では、ドラマ「ブラックスキャンダル」でも共演した安藤と松本の話題へ。松本は「今回はバディとして仲良くやっています。安藤さんはアドリブをたくさん飛ばしてくるので、現場でセッションをしているみたい」と証言する。一方安藤は「台本はあんまり読まないから、今までのセリフを組み合わせて覚えているものを言っていくんです。心の中では『ブラックスキャンダル』のセリフも『キッズ・リターン』のセリフも言ってる。あと『デイアンドナイト』とか。山田孝之プロデュースで今月公開されるんです」と1月26日公開の出演作をちゃっかり宣伝した。

現役医師でもある知念は、今回初めて自身の小説が映像化されたことにも触れ「僕の頭の中で動いていたよりも、キャラクターたちが一層スタイリッシュで、生き生きとした映像を観せていただきました。素晴らしいプロの仕事をしていただいていると思う」と喜びを語った。

長崎俊一、横浜聡子、湯浅弘章が監督を務める「神酒クリニックで乾杯を」は、本日1月12日にBSテレ東にてスタート。毎週土曜21時よりオンエアされる。

※柳俊太郎の柳は木へんに夘が正式表記

ドラマ「神酒クリニックで乾杯を」

BSテレ東 2019年1月12日(土)スタート 毎週土曜 21:00~

(c)「神酒クリニックで乾杯を」製作委員会2019

アプリで読む