Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

住野よる『青くて痛くて脆い』文庫化&豪華キャストで映画公開も決定

リアルサウンド

20/4/15(水) 12:22

 2018年、20歳が一番読んだ小説にも選ばれた住野よる『青くて痛くて脆い』が文庫化され、2020年6月12日に発売される。

関連:吉沢亮×杉咲花が映る映画ポスター

 単行本と同じく、装画を手掛けたのはイラストレーター・ふすい。文庫は、単行本と一見同じデザインに見えるが、よく見ると少し違っている。文庫化に伴い、ふすいがイラストを描き足したという。単行本と文庫のカバーデザインを比較してみてほしい。

 また同書は、吉沢亮×杉咲花の豪華キャストによって実写映画化が決定しており、公開日は2020年8月28日の予定。

■『青くて痛くて脆い』あらすじ
人に不用意に近づきすぎないことを信条にしていた大学一年の春、僕は秋好寿乃に出会った。空気の読めない発言を連発し、周囲から浮いていて、けれど誰よりもまっすぐだった彼女。秋好の理想と情熱にふれて、僕たちは二人で「モアイ」という秘密結社をつくった。それから3年。あのとき将来の夢を語り合った秋好はもういない。僕の心には、彼女がついた嘘がトゲのように刺さっていた。

「僕が、秋好が残した嘘を、本当に変える」それは僕にとって、世間への叛逆を意味していた――。

■住野よる(すみの・よる)プロフィール
小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿した『君の膵臓をたべたい』が話題となり2015年に出版、ベストセラーとなる。その他の作品に『また、同じ夢を見ていた』『よるのばけもの』『か「」く「」し「」ご「」と「』『麦本三歩の好きなもの』がある。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む