Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

アイドルの“株式会社化”はなぜ進む? 劇場版ゴキゲン帝国 白幡いちほが取締役会長になった理由

リアルサウンド

18/10/26(金) 8:00

 最近、中堅女子アイドルの「卒業」が頻繁に起きている。ベイビーレイズJAPAN、PASSPO☆、GEM、バニラビーンズ、ベボガ!などアイドルファンであれば名前を必ず知っているグループが、解散・活動休止に至っている。他方で、乃木坂46、欅坂46に代表される女子アイドルグループは、多くの女性や若年層を中心に人気が沸騰してもいる。そして相変わらず地下現場といわれる小規模のライブハウスでのアイドルたちの活動は個性に満ちている。

(関連:HKT48指原莉乃はなぜ「頂点」に? セルフプロデュース時代におけるトップアイドルの条件

 ただ中堅アイドルがごっそり抜けてしまうと、数十名規模の会場から数百名、千名超、そしてやがて武道館というアイドルの「成長物語(ロールモデル)」が消滅してしまうかもしれない。超人気のグループとマイナーな人気の女子アイドルの二極分化がすすんでいき、中間をブリッジするアイドルが不在になる。武道館でのライブを経験し、またはその可能性を持っていたグループがいなくなるのは、アイドルを経済学的な観点からみたときでも問題だ。いわば選択の多様性がなくなるということを意味する。

 ところでこの武道館ライブを2021年に実現すると公言しているアイドルがいる。この元気のいいグループの名前は、劇場版ゴキゲン帝国だ。通称「ゴキ帝」。12月に新宿BLAZE(定員800名)でワンマンを開催するが、まだ一般的にはそれほど知られてはいないだろう。もちろんアイドル業界に詳しければ、ライブを観たことがなくても動画やSNSなどで必ずその名前に出会うグループでもある。新宿BLAZEの前には、キャパが550名の代官山UNITで4thワンマンライブを行っている。つまり徐々に収容人数の大きいホールを埋めていき、さらに高み(武道館:収容人員8,000人超)を目指している。成長型のロールモデルを採用しているアイドルたちである。

 ゴキ帝のリーダーの白幡いちほ氏(以下敬称略)にインタビューする機会に恵まれた。白幡にインタビューした理由は、実は最近目立つようになってきたアイドルの個人事業主化、株式会社化、またはセルフプロデュースの流れをまとめるためだった。特にソロアイドルでこの傾向が強くみられるように思える。白幡は、今年の9月から株式会社GOKIGEN JAPANのアイドル界初の取締役会長となっていた。

 例えば、眉村ちあきは、魅力的な弾き語りのソロアイドルだが、彼女は株式会社会社じゃないもん代表取締役社長を務めている。また1,000人規模のライブを単独で成功させ、手焼きのCD-Rを全国流通させて売上でも健闘した実績のある里咲りさは、HAWHA MUSIC RECORDSの社長でもある。さらにさまざまなアイドルやタレント、DJを組み合わせた対バン構築で才覚を発揮するエレポップシンガーの武井麻里子も忘れてはいけない存在だろう。この他にも事務所に所属していながら、楽曲の制作、グッズの企画などを中心にしたセルフプロデュースを手掛けるアイドルたちは、その関与の在り方に程度の差があるものの無数に存在している。

 筆者はしばしば“個人事業主”である武井の企画する対バンに出かけることがある。その企画力の切れ具合も素晴らしいが、やはり彼女の意志の強さを感じさせるライブと物販での語りに注目している。この意志の強さは、並みのアイドルを凌駕するものだが、里咲や眉村にも通底している。白幡と面したときにもその眼力から感じたのは、一筋縄ではいかない意志の強さだった。

 劇場版ゴキゲン帝国のライブ現場を取材したが、若い女性層がコアなファンに多いなという印象をうけた。マナーが守られるのと同時に、沸きたつ現場は多くのファンに心地よさを与えるだろう。白幡によれば小さいお子さんを伴った家族連れも見に来るという。確かに劇場版ゴキゲン帝国のライブ会場でうけた印象は、ももいろクローバーZの初期のころに似ていた。白幡たちゴキ帝の目標とする武道館公演に到達した際には、現在のももクロと同じように女性層がかなりの勢力になっているに違いない。性別や年齢を問わないファン層(帝国民)の幅広さは、ゴキ帝の強さだ。実際に初見ともいえる筆者もその帝国民の中にすんなりと加わることができた間口の広さがある。

 このアイドルとしての間口の広さは、彼女たちの楽曲のもつメッセージ性にも原因があるかもしれない。「人の金で焼肉食べたい」や「I NEET YOU」などは、人を幸せにする仕組みをストレートに表現している。前者はフリーランチこそがどんな状況の人間にも喜びであることを伝えるだろう。後者は「嫌なことは全部やめる」ことの重要性を高らかに歌ったものだ。もちろん現実はフリーランチもニートの積極的価値も徹底的に排除してしまうかもしれない。だが、このユートピア的な状況を、アイドルたちが歌うことで確実に多くの人たちは救われる、激励される。それがまさにアイドルの力なのだ。

――劇場版ゴキゲン帝国さんは、従来からも個人事業主としてやってこられたわけですが、株式会社にした意図はなんだったのでしょうか。

「いままではクリエイティブな面だけではなく事務作業も自分たちでやっていたんですが、規模が大きくなるとそれではまわらなくなってきてしまいます。会社組織にして自分の得意な分野に専念し、他の事務的なものはマネージャーさんにお願いしていく。株式会社にしたのは、単純にこの仕事の分担をしやすくするためでした。もっと重要な理由は、大きな仕事をしていくための信用をより得るためです。フリーでやっているとなかなか大きなイベントにも出してもらえないこともありました。そこは会社化すると取引先からの信頼も高まるというメリットがあります」

――やはり株式会社化は、武道館を目標とすることから必然的だった?

「そうですね。規模の小さいうちは、まわりの方々にいわば出世払い的な形でいろいろ助けてもらったのですが、だんだんライブをやる会場も大きくなり、仕事の幅もどんどん広がるにつれていろんな人たちと関係をもつようになり、そこは仕事として今まで以上にきちんとしないといけないと思いました。それに仕事の規模が大きくなるにしたがって、悪い人たちも寄ってくるし」

 アイドルをただ私利私益のための道具としてしか考えない「悪人」はこの業界でも多い。どのくらいの割合だろうか、という筆者の質問に対して、白幡は「一般論として」と前置きをして「売れると寄ってくる人たちの8割くらい」と笑顔で答えた。まるで「ほぼ全員悪人」の“アウトレイジ”のような世界である。もちろんいままでと同様に善意と熱意で仕事を共にする人たちが実際には大半だ。いわばアイドルの株式会社化は、新たに寄ってくる業界の「悪人」を選別・整理し、ほどよい関係でいる仕組みでもあるだろう。

 セルフ運営(個人事業主)から株式会社GOKIGEN JAPANを立ち上げた白幡がメンバーのアイドルたちに抱く強い思いは、単なる経営者を超えて、ともに生きていく場を獲得しようとする「人間のための経営」といっていいものだった。

――演者としての見方と経営者としての見方の視点に違いはありますか?

「特に意識はしたことがありませんが、やはりきちんと売れていかないとメンバーが死んでしまう。明日から生きるためのお金がなくなってしまうので、そこは責任をもってやらないといけないと思います。株式会社化して手掛ける仕事が大きくなれば、動くお金も当然に大きくなる。メンバーの人生がかかっているので、2021年に武道館に立つまでは少しも失敗できないなと思っています」

 メンバーの生きることに、白幡は強い責任を感じている。ここに日本企業に特有の経営家族主義的なものを見て取れることもできるだろう。また、それは同時に彼女たちの楽曲の中心メッセージである、人を支えたいという強い思いにもつながっている。

 ビジネスの側面でのゴキ帝の戦略もより具体的だ。まずその収益モデルのコアは、ファンも愛用するゴキ帝のTシャツの売り上げだ。従来のアイドルモデルの中心のひとつであったCD販売による収益ではなく、いわゆる物販を中心に組み替える展望を持っている。音楽配信はフリーにして、ライブの収益や物販の売り上げを核にするという欧米の音楽産業で生まれたビジネスモデルを徹底していくことになる。また最近でも行ったファンとメンバーとのバス旅行などのイベントも充実していくという。さらに、会社としては飲食店や老人ホームの経営など、アイドル運営の枠を超えたチャレンジングな構想もあるようだ。

 劇場版ゴキゲン帝国だけではなく、会社化、個人業主化したアイドルたちの活動は、いまの日本のアイドル市場を生き抜く注目すべき動向だ。東京オリンピックを超えた翌年、ゴキ帝が株式会社のメリットを最大限に活し、武道館に立つところを見てみたい。(田中秀臣)

アプリで読む