Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『地獄の黙示録 ファイナル・カット』IMAX上映決定 コッポラが最も満足したバージョンが初上陸

リアルサウンド

19/12/5(木) 7:00

 フランシス・フォード・コッポラ監督作『地獄の黙示録 ファイナル・カット』が、2020年2月28日より全国IMAXにて期間限定上映されることが決定し、メインビジュアルと特報映像が公開された。

参考:映画館ビジネスにおける舞台挨拶やライブスタイル上映の意義とは? “一回性の興行”について考える

 『地獄の黙示録』は、ベトナム戦争の闇をCGなしの壮大なスケールで描いた、1979年公開の戦争大作。マーロン・ブランド、マーティン・シーン、ロバート・デュヴァル、ローレンス・フィッシュバーン、ハリソン・フォード、デニス・ホッパーら豪華キャストが共演した。製作費は約90億円にまで膨れ上がり、コッポラ監督が『ゴッドファーザー』の成功で得た私財を投じるほど人生を捧げた本作は、第32回カンヌ国際映画祭パルムドール、第52回アカデミー賞撮影賞&音響賞を受賞。後の1980年代にベトナム戦争映画が多く作られる先駆けとなり、世界の映画監督358人が選ぶ「オールタイム・ベスト50」第6位にランクインしている。

 製作から40年、自分の好きなバージョンを作りたいと考えたコッポラは、1979年の劇場公開版より30分長く、全てを盛り込んだ2001年の特別完全版より20分短いバージョンに再編集し、新たにデジタル修復。今回公開される『ファイナル・カット』は、コッポラが最も満足できるバージョンだと断言した最終版となる。

 映像は撮影時のオリジナル・ネガフィルムを初めて使用し、音声は劇場公開版のプリントマスターを使用。いずれも独自のIMAX DMR技術でデジタルリマスターされ、コッポラが長年望んでいた没入感や臨場感を実現。細部までくっきりと映し出される明るくクリアな映像と、ヘリコプター、投げ槍、ナパーム弾、爆発などの超低音が内臓を揺さぶる、迫力あるサウンドを体感できる。

 メインビジュアルは、アメリカのグラフィック・デザイナー集団“MONDO”が制作したアートワークを使用。沼から出ているシーンの顔と上下対称に、ブランドの顔が水面に写っている。あわせて公開された特報映像には、その後様々な作品に引用されているワーグナーの「ワルキューレの騎行」にのせて、ヘリコプターが編隊を組むシーンや、戦闘シーンが切り取られている。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む