Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

D4DJが『2nd Live』で魅せた熱狂のステージ ユニットの個性を体現するキャスト陣の進化

リアルサウンド

19/10/30(水) 13:00

 10月14日、品川プリンスホテル ステラボールにて『D4DJ 2nd LIVE』が開催。“DJライブ×アニメ×ゲーム”を柱にしたプロジェクトである「D4DJ」の2nd LIVE、そのうち本稿でレポートする「-Nonstop Night-」では、各ユニットが次々とカバー曲3曲とオリジナル曲2曲を披露。3カ月前の1st LIVEからの成長や、各担当キャラクターへのさらなる接近を感じることができた。

参考:D4DJ×RAISE A SUILENが魅せた、ダンスミュージックとロックの祭典 幕張メッセ公演を振り返る

 本編の開演を前に、ステージには株式会社ブシロードの木谷高明氏が登場。存在のみがほのめかされていた第6のユニットの名称“Lyrical Lily(リリカルリリィ)”とキャラクタービジュアルを初公開し、そのうち春日春奈役を務める進藤あまねがステージにサプライズ登場! さらに、残り3人のキャラクターについてはプロ・アマを問わないオーディションが開催されることも発表され、コンテンツ自体への期待感をさらに高めたところで、ライブはいよいよスタート。そのタイトルの通り“Nonstop”なステージが次々と展開されていく。

■燐舞曲

 トップバッターを飾ったのは、加藤里保菜(青柳 椿役)、大塚紗英(月見山 渚役)、もものはるな(矢野緋彩役)、つんこ(三宅葵依役)からなる燐舞曲。終始凛とした歌声や佇まいのなか、ファルセットに透明感のある加藤をはじめ、激しいギタープレイで魅せる大塚など、4人とも担当キャラクターとのより強い結びつきが見られた。加えて、要所でのコーラスによるもものの存在感も非常に大きなポイントであり、時には荒々しさも感じさせつつフロアに熱を与えたつんこの煽りも印象的だった。また、この日に初披露となった新曲、ダークなデジタルロック「カレンデュラ」では加藤が歌詞にある切実さを表情にはっきり現出させ、続く「瞬動-movement-」ではつんこも2サビ明けのDJプレイで聴衆を沸かせたりと各々が魅せ場を作って、出番を終えた。

■Happy Around!

 続いて登場したのは、Happy Around!。今回は1st LIVEでも登場した西尾夕香(愛本りんく役)、各務華梨(明石真秀役)、三村遙佳(大鳴門むに役)に加え、志崎樺音(渡月 麗役)も出演し初のフルメンバーでのステージとなった。この日は、とにかく担当のキャラクターへのより深い没入感が印象的。「ココロオドル」(nobodyknows+ カバー)でお立ち台に上って全力でタオル回しを煽った元気いっぱいさと、特にこの曲や「恋愛レボリューション21」(モーニング娘。 カバー)でキュートさを前面に出した西尾は1st LIVEよりも間違いなくりんくだったし、志崎もショルダーキーボードを携えつつ、余裕感も伴いながらクールに歌声を響かせてキャラに接近。同様に「Direct Drive!」でのDJブースでの各務のラップのスタイリッシュさや、三村の甘めに振った歌声も1st LIVE以上のシンクロを感じるポイントだった。そのうえで、「ムーンライト伝説」(DALI カバー)を披露する際のテンポフェーダーとフェードインを駆使したDJプレイや、「Direct Drive!」ではフロアの中心でダイナミックにダンスも披露したりと、彼女に自然と視線を奪われる機会も多かったように思う。

■Photon Maiden

 三番手を飾ったPhoton Maidenは、この日は紡木吏佐(出雲咲姫役)、岩田陽葵(花巻乙和役)、佐藤日向(福島ノア役)の3人が登場。もうひとりのメンバー・前島亜美(新島衣舞紀役)が不在ながらも、初披露のカバー曲や新曲1曲を織り交ぜた充実のステージを展開。RAISE A SUILENでもDJを務める紡木はここでも質の高いプレイをみせるが、そのアグレッシブさと担当キャラらしい淑やかな歌声とのギャップには、改めて驚かされた。そしてこの日は新曲「Here’s the light」も披露。ミドルテンポの王道EDMに乗せてのパフォーマンスは3人とも非常にレベルの高いもので、それでいてサビの振付は実にキャッチー。オーディエンスの心を掴むために、非常に強い曲が誕生したという印象だ。また、ダンスパートでは岩田の切れ味の鋭いダンスが白眉。加えて、終始フロアを煽り続けていた佐藤も一つひとつの動きが非常に大きく、そのうえでひとつも勘所を落とさないという素晴らしさがあった。

■Merm4id

 Merm4idの平嶋夏海(瀬戸リカ役)、岡田夢以(水島茉莉花役)、葉月ひまり(日高さおり役)、根岸愛(松山ダリア役)の4人が登場。とにかくこの日は、まず平嶋のリカらしさが非常に目につくポイント。「CAT’S EYE」(杏里 カバー)でのっけから元気印を炸裂させれば、ラストのユニットオリジナル曲「Floor Killer」では終盤にフロアをシャウトで煽ると自身もリミッターを外し、大サビではぐっと深くかがんでからのジャンプをみせる。もちろん、その他のメンバーも負けてはいない。いつ見ていつ聴いてもしなやかでクールなダンスと歌声が魅力を放つ根岸に、彼女とは良好なコントラストをなす茉莉花らしく、可愛げが強めにのぞく岡田のパフォーマンスも心を掴む。また、キュートな歌声を見せたのはDJブースに立つ葉月も同様で、そのうえで「キューティーハニー」(前川陽子 カバー)から「HONEY」(L’Arc~en~Ciel カバー)へとつなぐ際にみせたスクラッチプレイや、新曲「ING」でのトラメガを手にしたソロパートなど随所で注目を集めていた。

■Peaky P-key

 そして、この日のラストを飾ったのはPeaky P-keyから、愛美(山手響子役)、高木美佑(犬寄しのぶ役)、倉知玲鳳(清水絵空役)の3人。小泉萌香(笹子・ジェニファー・由香)は不在のなかだったが、特に初披露のカバー曲「CYBER CYBER」(ALTIMA カバー)は大盛り上がり! イントロでは“本家”へのリスペクトを感じるもも上げのような振付を見せるなど、遊び心も交えながらの披露。ラストは倉知のラップに続いての高木の大ジャンプで、きれいに締めくくった。また、その倉知が「アゲハ蝶」(ポルノグラフィティ カバー)のソロパートでぴょんとターンしながら跳ねてみせた所作は、まさしく“ラブリー担当(自称)”な絵空そのものだったように思う。

 ライブも終盤ということで、ここでD4DJ情報を次々と発表。来年1月31日に3度目のライブとなる『D4DJ D4 FES. -Departure-』の開催を改めて告知し、さらに4月には舞浜アンフィシアターで 『4th LIVE(仮)』を2Days開催することも発表。さらに1月29日にはプロジェクト初のCDリリースが決定したりと、本格的に動き始めたプロジェクトへの期待感をさらに高める。

 また、各ユニットを担当する音楽プロデューサーも合わせて発表。Happy Around!を斎藤滋、Peaky P-keyを上松範康(Elements Garden)、Photon Maidenを水島精二、Merm4idを都田和志、そして燐舞曲を中山雅弘WITH eMPIRE SOUND SYSTeMSがそれぞれ担当していることが明らかになった。ユニットごとに個性豊かすぎる楽曲の色が、今後どのように分かれてくるのかにも期待したい。

 そして最後に、Peaky P-keyもオリジナル曲2曲を続けて披露。会場が一体となったカウントダウンから始まるユニットアンセム「電乱★カウントダウン」で、再び場内のボルテージは最高潮。低めの音域ならではの、愛美の歌声の持つかっこよさにも魅了されると、スタイリッシュに高木がプレイでつないで、サビの振付で一体感を生み出す「Let’s do the ‘Big-Bang!’」へ。最後まですさまじい熱気のなか、D4DJ 2nd LIVEは幕を下ろしたのだった。

 お披露目から3カ月。キャラクターへの理解度とパフォーマンスの向上を随所に、顕著に感じられた2nd LIVE。そしていよいよこのまま、来年1月には5ユニットの全メンバーが揃う『D4DJ D4 FES. -Departure-』が開催。フルメンバーでさらに魅力の上乗せされたライブで、ただただ心のままに踊れることが、今から楽しみでならない。(須永兼次)

アプリで読む