Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

和牛

和牛・川西にとって水田は「血の繋がってない家族」

ナタリー

18/10/25(木) 18:23

本日10月25日、BANDAI SPIRITSによるフィギュア展示イベント「TAMASHII NATION 2018 -青の衝撃-」のオープニングセレモニーと内覧会が東京・秋葉原UDXシアターで開催され、和牛、松井愛莉、鈴代紗弓が登壇した。

明日10月26日(金)から10月28日(日)まで秋葉原UDXとベルサール秋葉原で開催される「TAMASHII NATION 2018」。「新規コンテンツへの挑戦」「技術・モノづくりの追求」「ワールドワイド展開の拡充」という3要素を掲げ、約400点のフィギュアを展示する。

イベントでは、川西が「僕らアニメとかヒーローが昔から大好き!」とセレモニーに呼ばれた喜びをアピール。水田は「僕が一番ハマったのは『聖闘士星矢』。縄跳びでネビュラチェーンとかやってました」と幼少期の思い出を語った。

刑事アニメ「DOUBLE DECKER! ダグ&キリル」の紹介パートでは、バディであるダグとキリルにちなみ、MCから和牛に「お互いをどう思っているか」との質問が。これに対し、水田は「刑事バディと一緒で、命を預けている仲です。スベったら死ぬと思ってる」とコメント。川西から「お前の命預かってたっけ?」と戸惑った表情を向けられてもなお「オモロインデッカー 水田&川西」「今年は『ダグ&キリル』の格好でM-1に出ようと決めてます」とコメントして笑いを誘う。一方、川西は水田について「血は繋がってないけど『家族』が一番近い表現かもしれない」とやや照れながら語っていた。

「超合金魂 GX-86 宇宙戦艦ヤマト2202」の紹介では、水田がリモコンを手に「ヤマト、発進!」「波動エンジン始動!」といった音声ギミックを披露。操作した感想を尋ねられると「めちゃめちゃ楽しいですね。自分の好きなやつを出せるからテンション上がりました」と少年のような笑顔を見せていた。

アプリで読む