Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「フォークロア:TATAMI」 (c)2018 HBO Pacific Partners, v.o.f. FOLKLORE is a service mark of HBO Pacific Partners, v.o.f. All rights reserved.

東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA」、齊藤工が監督したホラーも上映

19/10/9(水) 11:30

10月28日から第32回東京国際映画祭内で実施されるアジア映画特集シリーズ「国際交流基金アジアセンターpresents CROSSCUT ASIA」のラインナップが発表された。

第6回となる今回は、「ファンタスティック!東南アジア」というタイトルのもと、東南アジアの“摩訶不思議”を多様な視点で捉えた9プログラム10作品が上映される。「立ち去った女」のラヴ・ディアスが初めて手がけた近未来SF「停止」や、「牢獄処刑人」のエリック・マッティが放つホラー「存在するもの」、ラオス初の女性監督マティー・ドーによる「永遠の散歩」などがラインナップに並ぶ。さらにHBOアジアが製作し、エリック・クーが製作総指揮を執った全6話のオムニバスホラー「フォークロア・シリーズ」から、インドネシア編と日本編の2作を上映。インドネシア編「フォークロア:母の愛」では「悪魔の奴隷」のジョコ・アンワルがメガホンを取り、日本編「フォークロア:TATAMI」では齊藤工がホラー初監督に挑み、北村一輝が主演を務めた。会期中には各作品の監督や出演者が来日し、上映後のQ&Aも実施する予定だ。

また劇場では、本特集のブックレットを配布。このブックレットには2017年の東京国際映画祭でコンペティション部門審査委員を務めた永瀬正敏のインタビューや、乙一のエッセイなどが掲載される。なおこのたび永瀬から「アジア映画の底力を実感出来る貴重な機会。一人でも多くの方にじっくり体感して頂きたい」というコメントが到着した。そのほか国際交流基金アジアセンターのWebサイトにはディアスのメッセージも掲載されている。

第32回東京国際映画祭

2019年10月28日(月)~11月5日(火)東京都 六本木ヒルズ、EX THEATER ROPPONGI、東京ミッドタウン日比谷 ステップ広場ほか

国際交流基金アジアセンターpresents CROSSCUT ASIA #6 ファンタスティック!東南アジア

<上映作品>
「存在するもの」(監督:エリック・マッティ)
「フォックストロット・シックス」(監督:ランディ・コロンピス)
「停止」(監督:ラヴ・ディアス)
「死を忘れた男」(監督:ヴィクター・ヴー)
「永遠の散歩」(監督:マティー・ドー)
「Sisters」(監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ)
「リリア・カンタペイ、神出鬼没」(監督:アントワネット・ハダオネ)
「それぞれの記憶」(監督:シーグリッド・アーンドレア P・ベルナード)
「フォークロア:母の愛」(監督:ジョコ・アンワル)
「フォークロア:TATAMI」(監督:齊藤工)

アプリで読む