Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

村上虹郎×芋生悠「ソワレ」に小泉今日子が賛辞、「現時点での外山文治の集大成」

ナタリー

20/8/20(木) 18:00

「ソワレ」メイキング写真

村上虹郎と芋生悠のダブル主演作「ソワレ」より、メイキング写真とスタッフのコメントが到着した。

本作は、俳優を目指しながらもオレオレ詐欺で食い扶持を稼ぐ翔太と、高齢者施設で働くタカラの切ない逃避行を描く物語。俳優の豊原功補と小泉今日子、そして映画監督の外山文治らが立ち上げた映画製作会社・新世界合同会社による第1回プロデュース作品にあたり、翔太を虹郎、タカラを芋生が演じた。

2019年7月に約3週間にわたって和歌山でオールロケが行われた本作。解禁されたメイキング画像は8点で、村上と芋生が外山から演出を受けている様子や、裏方として現場を支えていた豊原、小泉の姿が収められた。

豊原は「どこまでアナログでできるか。その想いは(プロデューサーとして)ありました」と制作時を振り返り、「危険性が強いわけでも、バイオレンスやセックスがあるわけでもない。でも、何か匂う映画にはしたかった」と本作への思いを語る。その期待を受け10カ月かけて脚本を執筆したという外山は「これまでより大きな作品を手がけるわけですから、どこか保守的なホン(脚本)を書いたり、保守的な人選をしようとしていた。そこを『いや、やっちゃえ!』と、お二人が(背中を)押してくれたんです」と豊原と小泉に感謝を述べ、完成した作品に小泉は「現時点での外山文治の集大成」と賛辞を贈った。

「ソワレ」は8月28日より全国でロードショー。

(c) 2020ソワレフィルムパートナーズ

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む