Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

優勝した瞬間の天竺鼠。

天竺鼠出演CMがコンペ優勝で大型ビジョンに、川原「自分のことのようにうれしい」

ナタリー

19/12/12(木) 12:46

昨日12月11日、東京・ルミネtheよしもとにて開催された「ルミネtheよしもと 新CMバトル」で天竺鼠が優勝。2人が出演する同劇場のCMがJR新宿駅・東南口の大型ビジョン「フラッグスビジョン」で12月23日(月)から12月29日(日)まで放映される。

「新CMバトル」は吉本興業が広告業界と共に、タレントやクリエイターの隠れた才能を発掘・育成するプロジェクト。第2弾となる今回は、ジャングルポケットが中辻裕己氏、西井舞氏、天竺鼠が沢俊吾氏、村田まい氏、ダイアンが磯部建多氏、田中翔太氏といったクリエイターとタッグを組んでルミネtheよしもとのCMを制作し、投票数で競い合った。

投票したのは、今月12月1日から12月11日までの期間にルミネtheよしもとを訪れた観客。また昨日行われた「結果発表会」では、MCのパンサー向井や特別ゲストの板尾創路らが見守る中、芸人たちによる最後のプレゼンが展開され、それを踏まえた客席票も加わった。

ジャングルポケットチームは、たらい落とし、パンスト相撲、熱湯風呂といったお笑いの定番シチュエーションをカラフルな映像で見せるCMで勝負。ジャンポケ太田は「面白さに振りきれることなく、ルミネのCMとしての完成度を追求したのでそこを見てほしい」と熱弁する一方、ほかのチームメイトの発言を否定したり無視したりして、向井から「我が強すぎる!」とツッコまれてしまう。

天竺鼠チームは、川原の奇抜なアイデアを取り入れたCMを制作した。彼はプレゼンタイムで「我々は唯一の女性コンビ。この髪型は坊主じゃなくて内側に伸びているだけ」「ジャンポケとダイアンさんは変顔だけでここまで上り詰めてきた」とボケたい放題。相方・瀬下は「ものすごく(やり取りの)ラリーをしました!」と綿密に練られたCMであることを強調しつつ、「僕の案は1個も通ってないんですけど」と付け加えて一同の笑いを誘った。

ダイアンチームのCMは、2人が女装をして登場するというインパクト抜群の仕上がりに。ユースケと津田はメイクや衣装のクオリティの高さに言及し、「お互いにきれいになりすぎてドキドキした」「2人ともかわいすぎるので撮影が一旦中断された」と大袈裟にアピール。一方で津田からは「横浜で朝から晩までずっと(撮影)やってたから。なんで横浜やねん!」「すっごい寒かった」といった不満も飛び出していた。

天竺鼠チームの作品が1位に選ばれたことが発表されると、瀬下は「(大型ビジョンの前に)息子や娘を連れて行って、CMを見せてやりたいです!」と喜びのコメント。一方、川原は「自分のことようにうれしい」とコメントし、向井から「自分のことです!」とツッコまれる。また感激で泣き出したかと思えば、「眠たーい!」とおなじみのフレーズを放って会場を沸かせていた。

ルミネtheよしもと 新CMバトル コンペ作品(天竺鼠編)

ルミネtheよしもと 新CMバトル コンペ作品(ジャングルポケット編)

ルミネtheよしもと 新CMバトル コンペ作品(ダイアン編)

アプリで読む