Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」初日舞台挨拶の様子。

児嶋「一緒に祝って」四捨五入すればアンジャッシュもアンパンマンと同じ30周年

ナタリー

18/6/30(土) 20:09

アンジャッシュ児嶋が本日6月30日、東京・バルト9で行われた映画「それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星」の初日舞台挨拶に登壇した。

「それいけ!アンパンマン」劇場映画の第30弾となる本作では、好奇心旺盛でちょっと不思議な子クルンとアンパンマンたちが、アンパンマン誕生のきっかけとなった“いのちの星”を救うため奮闘する。アンジャッシュは、渡部がばいきんまんの操るメカ「だだんだん」、児嶋が同じくメカ「ゴロンゴロ」の声を担当。舞台挨拶では劇場シリーズ30周年を祝し、アンパンマン役の戸田恵子、クルン役の杏、そして児嶋の3人でくす玉を割った。

児嶋は「30周年おめでとうございます。アンジャッシュも25周年で、四捨五入すれば30周年。一緒に祝っていただけたらと思います」と挨拶。「アンパンマン」で映画館デビューをする子供たちが多いことにちなんで「デビューしたこと」を聞かれると、「最近目が悪くなってきたので、老眼デビューしようかなと。全部ルビを振ってくれているから僕にもわかると思って子供新聞(小学生新聞)を読んでいるのですが、ルビが老眼で読めなくて『子供新聞なのに老眼で読めない』というわけのわからないことになっています(笑)」と話して会場の笑いを誘った。

(c)やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV (c)やなせたかし/アンパンマン製作委員会2018

アプリで読む