Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乃木坂46高山一実、『乃木どこ』終了に涙「私たちには、この番組が劇場のようなもの…」

リアルサウンド

15/4/6(月) 11:30

 『乃木坂って、どこ?』(テレビ東京)の4月6日分にて、乃木坂46のメンバーによる「『乃木坂って、どこ?』お別れ会」が放送された。

 前回3月30日の放送にて、番組終盤にMCのバナナマン・設楽統が「2011年10月からやってきた『乃木坂って、どこ?』、本日で終了です。正式に言うと収録が今日をもって終わりで、あとは総集編を入れるかもしれません」と発表。突然の悲報に、メンバーが唖然としているなかで番組が終了していた。今回の放送ではそれを踏まえたメンバーからのコメントをオンエアした。

 冒頭、設楽が「我々も(乃木坂46が)結成したところからだから、楽しくやらせてもらいました。じゃあ一人一人ちょっと挨拶を」と語り、各メンバーの挨拶へ。西野七瀬は「バナナマンさんと定期的に合える機会が無くなることが寂しい。すごく成長させてくれた場だったから、この番組があって良かった」と語ると、高山一実は「劇場もない私たちにとって、この番組が劇場のようなもので…。本当に終わるとしたら悲しいです」と号泣。生田絵梨花も目を潤ませながら「私も『乃木坂って、どこ?』で殻を破ってもらえたし、この番組がなかったら見せれてない姿もいっぱいあったから寂しい」と番組の終了を惜しみつつ、スタッフへの感謝を示すと、斎藤ちはるは「バナナマンさんと会えるのが楽しみだったから寂しい」とこぼした。

 番組で必殺技“ひめたんびーむ”を披露する機会の多かった中元日芽香は、「バナナマンさんが“ひめたん”と呼んでくれるのがすごく嬉しかったですし、収録に呼んでいただけるのが楽しみでした」と語ると、秋元真夏は「『乃木坂って、どこ?』の選抜発表で復帰して、色んな人に知ってもらったのはこの番組がきっかけだから…」と、番組への思いを熱く語った。生駒里奈は「一人でバラエティに出るようになって、この番組で学んだことを活かしたり試す場でもありましたし、私を大きく成長させてくれた番組でした」と、バラエティの勉強の場として活用していたことを明かした。

 続いて、白石麻衣は「バナナマンのお二人に支えられて乃木坂46が大きくなったし、一人一人がすごく個性が持てたり、グループとしても大きく成長できた。機会があればまた一緒に番組が出来ればいいと思ってる」と語ると、橋本奈々未は「乃木坂を発信できる一番大きな場でもあったし、自分の悪いところや良いところをさらけ出せる現場はここしかなかった。もっと乃木坂が大きくなればまた一緒に出来るでしょうし、頑張っていきたい」と、バナナマンとの共演を目指して突き進んでいく決意を涙ながらに語った。松村沙友理は「この番組がホームだった。沢山助けられたし、すごく感謝しています」と、番組があったからこそ他の場で頑張れるといったことを述べた。

 また、今回初選抜となった相楽伊織は「出始めたときも最近で、わからないまま終わっちゃう感じ」と、番組にもっと関わりたかったことを明かすと、齋藤飛鳥は「この番組が無かったらみんなはここまで成長していなかったので感謝しています」、伊藤万理華は「1年ぶりに選抜に入れて、次こそ自分から前に出ようと思っていたので、このタイミングでなくなるのは寂しい」と、久しぶりに選抜入りしたが故の悔しさを述べた。

 堀未央奈は「いつも楽しみで(視聴者)として毎週見ていて、初めて番組に参加したときはすごい嬉しかった」と、2期生として加入した立場からの感想を述べると、星野みなみは「さっき、『「日村賞」を貰ってないから、今度は洋服じゃなくてバナナマンさんと一緒にご飯行こう』っていったらいいよって言ってくれたから楽しみにしてたのに…」と大声を上げて号泣した。衛藤美彩は「選抜発表のときも、バナナマンさんが愛のあるコメントをいつも残してくださっていて、感謝の気持ちしかない」とコメントし、若月佑美は「乃木坂46の全てはこの番組からできている。ありがとう以上のものを伝えたい」、深川麻衣は「これだけみんなが素でいろんなことを出来るのはこの番組しかない」と語ると、桜井玲香は「終わりたくない…。もっと早く言ってくれればよかったのにって思う。嬉しい時も悲しい時も支えてくれたのはこの番組だし、終わってしまうのが本当に悔しい。また復活させたいし、同じチームで仕事ができるように頑張りたい」と怒気をはらんだ泣き顔で語った。

 番組終盤では、設楽が「どの番組もそうですけど、演者は一番最後に聞く。どんどん成長していく過程をみてると、収録に来るのも楽しかったし、色んな活動が増えてくると、『どうなった?』と話したりして楽しかった」と、成長を見守ってきた立場ならではの感想を述べると、日村勇紀は「番組は始まればいつか終わりますから。最初に会った頃と比べ物にならないくらい成長してるし、西武ドームを埋めてるんだから!」とメンバーをなだめた。

 そして、バナナマンによる最後の挨拶が終わり、メンバーが悲しみにくれていると、ここで設楽が「新たな番組が始まります。MCはバナナマン。スタッフも全く一緒です」と発表し、メンバーが嬉し涙を流した。これを見た設楽は「すごい泣いてくれるんだと思った」、日村は「桜井とかすげぇキレてた」と語ると、桜井は「最低!」と再び号泣した。さらに設楽が「橋本とかも泣くんだと思って」と続けると、橋本は「私バナナマンさん好きなんだもん!」と告白。メンバーが喜ぶなか、設楽が「これからも宜しくお願いします」と締め、番組が終了した。新番組は4月19日よりスタートする。

 次回の最終回は、能條愛未と川後陽菜をMCにした総集編が放送される予定だ。

(文=向原康太)

アプリで読む