Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

社会的弱者のアイデンティティを問う、ゆめいろさがし「ナナ2020、東京」

ナタリー

20/11/11(水) 13:43

ゆめいろさがし 第1回公演「ナナ2020、東京」ビジュアル

ゆめいろさがし「ナナ2020、東京」が、11月12日と14日に東京のゲーテ・インスティテュート東京 ホールで上演される。

ゆめいろさがしは、東京藝術大学に在学する学生たちによる団体。第1回公演となる「ナナ2020、東京」では、同団体が手がけた朗読音楽付きの絵本「ナナ」を舞台化する。作中では、発話、身体表現、バイオリンとピアノの生演奏、文字、絵画を用いて、コロナ禍の東京に生きる“ぼく”とユニコーンのナナの姿を描き、マイノリティや社会的弱者のアイデンティティを問う。

なお本企画は、東京藝術大学 国際芸術環境創造科とゲーテ・インスティテュート東京が主催する「COVID-19時代における文化芸術プロジェクト」のプログラムにラインナップされており、会場では11月15日まで、絵本「ナナ」の原画展と絵本の販売も実施される。

ゆめいろさがし 第1回公演「ナナ2020、東京」

2020年11月12日(木)、14日(土)
東京都 ゲーテ・ゲーテ・インスティテュート東京 ホール

文章:加藤理沙
絵:間瀬結梨奈
作曲:田中弘基
振付・デザイン:松本夏生
出演:松本夏生、冨永春菜、吉原志織
バイオリン:北澤華蓮
ピアノ:渡邉友梨香
音響:中岡尚子
映像:古屋朋子

※間瀬結梨奈の「瀬」は旧字体が正式表記。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む