Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「エンド・オブ・ステイツ」新場面写真

爆弾じじいがぶっ飛ばしまくりの大暴れ!「エンド・オブ・ステイツ」本編映像

ナタリー

19/11/7(木) 11:00

ジェラルド・バトラーが主演を務める「エンド・オブ・ステイツ」の本編映像が、YouTubeで公開された。

バトラー演じるシークレットサービス、マイク・バニングの活躍を描く「エンド・オブ」シリーズの最新作となる本作。大統領暗殺未遂の容疑をかけられたバニングが、世界大戦の危機が迫る中で真犯人を探していく。モーガン・フリーマン、ジェイダ・ピンケット=スミスが共演に名を連ね、「オーバードライヴ」のリック・ローマン・ウォーが監督を務めた。

公開された映像は、ニック・ノルティ演じる“爆弾じじい”ことクレイ・バニングにスポットを当てたもの。追われる身となったバニングは父親であるクレイのもとに身を寄せていたものの、謎の集団に見つかり絶体絶命のピンチに追い込まれる。しかしクレイは、息子が爆風に巻き込まれそうになるのも構わず、あちこちに仕掛けた爆弾で敵を撃退しようと試みる。

ノルティは出演の決め手について「私はこの役の難しさに興味を持った。ジェラルド・バトラーとの共演にも惹かれたんだ。この出演は、想像していた以上に大きなご褒美になったよ。今の彼は、まさに絶好調だからね」とコメント。クレイのキャラクターについては「生きるのに最低限の物だけで生活することを求め、それは、カップ1個、フォーク1本、皿1枚、ベッド1台だ。実際、彼には来客もいないので、椅子を持つ理由もないんだ。マイクが現われる瞬間まではね」と述べている。

「エンド・オブ・ステイツ」は11月15日より東京・新宿バルト9ほか全国でロードショー。

(c)2019 Fallen Productions, Inc.

アプリで読む