Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Reol(Photo by Shusei.)

Reol、“冥土に誘う”ツアー最終公演でファンと再び約束交わす

ナタリー

18/12/1(土) 18:00

Reolが昨日11月30日に東京・Zepp Tokyoにて全国ツアー「Reol Japan Tour 2018 MADE IN FACTION」の最終公演を実施した。

開演直前、続々とフロアに集まるファンに向けて場内アナウンスでは“朗報”として、Reolの楽曲「激白」のミュージックビデオが完成した旨が知らされる。さらにステージを覆う幕に完成したばかりのMVが上映され、会場内はライブが始まる前から大盛り上がりとなった。MV上映後、紗幕の奥に登場したReolは「サイサキ」「十中八九」とアップチューンを連投して、ライブ序盤のフロアに火を点ける。鏡音リン・レンの発売10周年ソングとして制作された「劣等上等」では盛大なシンガロングが会場内に響きわたり、曲の最後に登場する「フロアが沸き上がりました」という一節の通り、会場内は大盛り上がりとなった。

「極彩色」の歌唱後にはステージの左右を覆っていた白い幕が取られ、瀬恒啓(G)がバンドマスターを務めるバックバンドが登場。Gigaが手がけたダンスチューンを中心とした序盤のセットリストから一転し、「ミッシング」「あ可よろし」といったバンドサウンドを軸にした楽曲が届けられた。MCに入るとReolはここまでの流れを「初っ端から飛ばしたセットリスト」と表現。さらに「MADE IN FACTION」の「MADE」が「冥土」を意味していることや、観客に浮世を離れた体験をしてもらうことがライブのコンセプトであることなどが伝えられた。

インスト曲「-MANDARA FACT-」がかかると幕が閉じられ、曲が終わるとスタジオリハーサルの映像とReolからのコメント映像が上映された。映像内のReolが「冥土の世界をお楽しみください」と呼びかけたところでライブが再開され、「幽居のワルツ」の演奏へ。この曲では人形劇を想起させる映像がステージ左右の幕に映し出され、Reol自身も膝をついてエモーショナルな歌声を響かせ、観る者を楽曲の世界に引き込んでいった。

「私が冥土に誘いたいと思います」というひと言からステージ中央に座り込んだReolはマッチでろうそくに火を灯し「カルト」を歌い始める。ろうそくの火が揺れる怪しげな雰囲気の中、オーディエンスはじっとステージ上のReolを見つめて彼女のパフォーマンスを見守っていた。ライブが終盤に差しかかると「宵々古今」「オオエドランヴ」といったアッパーチューンが並べられ、フロアの熱気は急上昇。「ROXY」の曲中ではトランペットのソロを堂々と吹き、続く「激白」では履いていたハイヒールを脱ぎ捨てて裸足でステージを歩き回るパフォーマンスで観客を圧倒した。「激白」の曲終わりで唐突に幕が閉じられたところでライブ本編が終了。一瞬の静寂ののち、フロアからは熱烈なアンコールが巻き起こった。

バンドメンバーと共にステージに舞い戻ったReolは、中森明菜「DESIRE -情熱-」のカバーでライブを再開。この曲のアレンジはGigaが手がけており、Reolはダンサブルなトラックに合わせて体を揺らしながら、力強いボーカルを観客に届けた。MCに入り、2017年2月に同じくZepp Tokyoでユニット・REOLとしてステージに立ったときのことを回想したReolは「いろんなことを約束して帰った日でした。『絶対長く続けます』とか」と、REOLが“発展的解散”をしたことでその約束が果たせなかったことを悔しそうに語る。さらに彼女は「それでも私は今日1人でZepp Tokyoのステージに立てていることを誇りに思っています。もう一度約束させてください。私は末永くReolを続けます」と宣言。Reolの「皆さん、ついて来てください」のひと言に、フロアからはそれに同意するかのような盛大な歓声が上がった。

バンドメンバーをステージから送り出したReolは最後に「LUVORATORRRRRY!」を熱唱。「Reolでした。ありがとうございました!」と挨拶をした彼女は、フロアに投げキスを飛ばしながらステージをあとにした。

Reol「Reol Japan Tour 2018 MADE IN FACTION」2019年11月30日 Zepp Tokyo セットリスト

01. サイサキ
02. 十中八九
03. -Opening-
04. 劣等上等
05. 極彩色
06. ミッシング
07. 真空オールドローズ
08. あ可よろし
09. SAIREN
10. 染
11. -MANDARA FACT-
12. 幽居のワルツ
13. エンド
14. ミラージュ
15. mede:mede -JJJ remix-
16. 平面鏡
17. カルト
18. 煩悩遊戯
19. 宵々古今
20. オオエドランヴ
21. ROXY
22. 激白
<アンコール>
23. DESIRE -情熱-
24. No title
25. 秋映
26. LUVORATORRRRRY!

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

アプリで読む