Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ブレス しあわせの呼吸」メイキングカット

「ブレス」監督アンディ・サーキスが主人公の決断語るインタビュー解禁

ナタリー

18/8/29(水) 14:00

「ブレス しあわせの呼吸」より、監督のアンディ・サーキスのインタビューを収めた特別映像がYouTubeにて公開された。

「ブリジット・ジョーンズの日記」のプロデューサー、ジョナサン・カヴェンディッシュの両親の実話をもとにした本作は、28歳で全身まひ状態となったロビンとその妻・ダイアナの半生を描くヒューマンドラマ。アンドリュー・ガーフィールドがロビン、クレア・フォイがダイアナを演じた。

本作で長編監督デビューを果たしたサーキスは「努力を重ねながら逆境を乗り越え、愛と笑顔にあふれた素晴らしい人生を描いた」とコメント。さらに映画の見どころをロビンのある決断とし、「リスクを冒してでも刑務所のように感じてた病院を退院するんだ。自由を選択したんだ。何より自分で選択すること。これが大切なんだ」と語っている。映像にはジョナサンのインタビューも収められた。

「ブレス しあわせの呼吸」は9月7日より東京・角川シネマ有楽町ほか全国でロードショー。

(c)2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and the British Film Institute. All Rights Reserved

アプリで読む