Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

トム・ブラウン

「べしゃり暮らし」第7話、トム・ブラウンも「3人目を入れたら?とよく言われた」

ナタリー

19/9/6(金) 14:00

劇団ひとりが演出を務める連続ドラマ「べしゃり暮らし」(テレビ朝日系)の第7話が明日9月7日(土)に放送される。

高校を卒業した圭右(間宮祥太朗)は独り暮らしをはじめ、辻本(渡辺大知)と共にお笑い養成所・YCAへ入学。辻本とのコンビ名も「べしゃり暮らし」に改名する。さらに子安(矢本悠馬)のネタ作りの才能に気づき、3人でトリオとして若手芸人の登竜門「漫才新人グランプリ」への出場を目指すことに。YCAで新たに出会ったライバルたちに囲まれながらお笑いの修行に励む圭右だが、得意とするアドリブと子安のきっちり作ったネタとの間で葛藤し……。

お笑いナタリーでは「べしゃり暮らし」各話について「M-1グランプリ」ファイナリスト経験者たちのコメントを紹介中。このたび第7話のオンエア前に、第4話に続いてトム・ブラウンのコメントを届ける。

トム・ブラウン コメント

──第7話の全体的な感想は?

布川:芸人が最初に歩んでいく道をめちゃくちゃ詳細に見せてくれていると思いました! 親への気持ち、友達からの応援、ほかの芸人との因縁などなど! 僕は養成所には行ってないのですが、周りから聞くいろんな養成所もまさにあんな感じそのものでした! ただ、みちおが行っていた養成所「13丁目笑学校」もあんなしっかりした感じだったのかは謎です。

みちお:お笑いにはお笑いを生み出すために真剣にお笑いを突き詰める事が必要です。今回の「べしゃり暮らし」で僕は、お笑いを始めたときの夢、それから苦悩を思い出しました。「これならいける!」「やっぱりだめだ」「よし、じゃあこうしよう」の連続で今までやってきました。前に進みながら生きることの大切さが詰まった素晴らしい回だったと思います。

──特に印象的なシーンやセリフがあれば教えてください。

布川:ネタ見せシーンで「お前、足引っ張ってるぞ!」とトリオの中心だった人が言われているところです! 1つのネタや1つのボケやツッコミで核となる人が変わったりするお笑いの面白いところが出てて、たまりませんでした! こういうところがないとコンビやトリオは成長しません!

みちお:トリオで行くのか行かないのか。あの3人で悩むところは胸が痛くなりました。最後の3人で漫才するところは逆に素晴らしく、輝いていて胸が熱くなりました。僕たちトム・ブラウンは、3人目を入れたら?とよくいろんな人に言われました。そのときの感情をかなり思いだして号泣してしまいました。

──序盤から第7話までの登場人物の成長など「ここが変わったな」と感じる部分はありますか?

布川:今までは「あぐれっしぶぅ~」のような身内ノリや標準語なのに関西弁をしゃべる芸人の真似事の「学園の爆笑王」だった圭右が1人の芸人になっていると思いました! あと子安のことで話しているときの「冷たいんだな」というのは友達のことを思っている一般人の圭右が出ているのですが、これはただの馴れ合いで言っているのではなく、そういう“人(ニン)”のある芸人というふうに見えるところが成長の証なんだと思いました! こういう目に見えない部分まで見れてすごい! つまりはホゲェーー!!です。

みちお:圭右がちゃんと芸人になってきている気がします。家を出てしっかりとお笑いに打ち込む姿に芸人になっていくんだなあ。本当に本腰入れてすべてを懸けて挑戦するようになったんだな、と感じました。逆に親父さんも過去から立ち直って、お笑いをやることを認めてあげられるようになったんだな、大人も成長していくんだな、とかなり感じました。ちなみに僕と違って僕のお父さんはハゲております。

──物語は終盤戦。ここから「べしゃり暮らし」に期待することは?

布川:賞レースになると同世代の芸人との仲良くもバチバチしてるところがお笑いの面白いところでもあるので見たいです! あとここから真の芸人になった圭右の力を見せてほしいです! 本気の圭右、本気の辻本がドラマで観るとどうなるのかが楽しみすぎます! そして1番期待するのは、もう1クールやるというサプライズです!

みちお:2人の漫才の先に何が待っているのか! 我々は何を見せてもらえるのか! 周りは何を感じるのか! 生まれる人間ドラマ! すべてがMAX楽しみです! カキーン!

土曜ナイトドラマ「べしゃり暮らし」第7話

テレビ朝日系 2019年9月7日(土)23:15~24:05
<出演者>
間宮祥太朗 / 渡辺大知 / 矢本悠馬 / 小芝風花 / 堀田真由 / 中川知香 / 柳ゆり菜 / 浅香航大 / 早乙女友貴 / 田中幸太朗 / 山口祥行 / 徳永えり / 寺島進
第7話ゲスト:Daichi ほか

アプリで読む