Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

矢野顕子、コラボアルバム『ふたりぼっちで行こう』発売 大貫妙子、奥田民生ら参加

リアルサウンド

18/8/29(水) 10:00

 矢野顕子が、コラボアルバム『ふたりぼっちで行こう』を11月28日にリリースする。

 同作は、全楽曲にゲストアーティストを迎えたコラボ作品。矢野顕子のコラボアルバムとしては2006年発売のセルフカバーコラボAL『はじめてのやのあきこ』以来12年ぶりとなる。

 アルバムに収録される楽曲は、大貫妙子の名曲「横顔」を矢野顕子とコラボレーションした楽曲や先日発表となったNHKラジオ深夜便『深夜便のうた』10月-11月のために書き下ろした前川清とコラボした新曲「あなたとわたし」を含む全11曲。今回第1弾として発表となった参加アーティストは、大貫妙子、奥田民生、鹿の一族(松崎ナオ)、前川清の4組。各アーティストとのコラボレーションによるカバー楽曲をはじめ、共作楽曲や、矢野による新曲も収録される。

 また、ジャケット写真とアーティスト写真も公開。意味深な数式と「=2」と書かれたアルバムジャケットに、ダチョウと並んだモノクロでシックな世界観が表現されたアーティスト写真は、いずれも今作のコラボレーションを想起させるような内容となっている。

 さらに大貫妙子、松崎ナオ(鹿の一族)、奥田民生は、先日発表となった恒例の『さとがえるコンサート』の各会場のゲストアーティストとして参加することも発表となった。

 今作のコラボアルバムの特設サイトも本日オープンとなり、参加アーティストからのコメントや最新情報なども掲載されている。また、毎回恒例の「SPECIAL」には、矢野顕子がこれまでにコラボレーションを行なったアーティストのリストが掲載されている。まだ発表されていない参加アーティストは、今後公開される予定。

■リリース情報
『ふたりぼっちで行こう』
発売:2018年11月28日(水)
初回限定盤(CD+DVD+BOOK)¥6,000(税抜)
通常盤(CD)¥3,000(税抜)       
・配信情報
iTunes Store、レコチョク、moraなど主要配信サイトで11月28日より配信スタート
・収録曲 <曲順不同> ※全11曲収録 
矢野顕子&大貫妙子「横顔」※カバー曲
作詞作曲:大貫妙子/編曲:矢野顕子 
(大貫妙子1978年AL『MIGNONNE( ミニヨン)』収録)
矢野顕子&奥田民生「父」  ※新曲
作詞作曲編曲:矢野顕子&奥田民生
矢野顕子&鹿の一族(松崎ナオ)「大人はE」※カバー曲
作詞作曲:松崎ナオ/編曲:矢野顕子&鹿の一族
※松崎ナオ 2003年AL『FLOR TREM』収録曲 「大人サンバ」新バージョン)
矢野顕子&前川清「あなたとわたし」 ※新曲
作詞:糸井重里/作曲編曲:矢野顕子
特設サイト

矢野顕子&大貫妙子
配信限定シングル「横顔」
2018年7月4日配信スタート
iTunes Store ほか主要配信サイトおよびd ヒッツほかラジオ型定額制聴き放題サービスで配信開始
iTunes Store
レコチョク
mora

■ライブ情報
『さとがえるコンサート 2018』
12月2日(日)<ゲスト:松崎ナオ>
【埼玉】三郷市文化会館 大ホール 開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ:DISK GARAGE Tel.050-5533-0888 (平日12:00~19:00)

12月4日(火)<ゲスト:大貫妙子>
【大阪】サンケイホールブリーゼ 開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ:キョードーインフォメーション Tel.0570-200-888
 
12月5日(水)<ゲスト:後日発表>
【愛知】名古屋市芸術創造センター 開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ:サンデーフォークプロモーションTel.052-320-9100

12月9日(日)<ゲスト:奥田民生>
【東京】NHKホール 開場 17:15 / 開演 18:00
問い合わせ:DISK GARAGE Tel.050-5533-0888 (平日12:00~19:00)

12月11日(火)<ゲスト:松崎ナオ>
【宮城】仙台電力ホール 開場 18:00 / 開演 18:30
問い合わせ:ニュース・プロモーション Tel.022-266-7555(平日11:00~18:00)  

<出演>
矢野顕子
佐橋佳幸・小原礼・林立夫
<料金>
全席指定:¥7,560(税込)
※ジーンズシート:¥4,500
※3歳以上チケット必要、3歳未満入場不可。
※演奏の妨げとなるお子様の入場は不可。

一般発売日:9月15日(土)

矢野顕子 オフィシャルサイト

アプリで読む