Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

TWICE、BLACKPINKとも一線画すK-POPガールズグループ、DREAMCATCHERの“新しさ”を解説

リアルサウンド

19/8/24(土) 12:00

 今、世界的に注目を浴びている7人組K-POPガールズグループ・DREAMCATCHER。彼女たちは他のガールズグループとは一味違った音楽性と世界観を持っている。“悪夢”というダークでユニークなコンセプトをもとに、力強いロックサウンドとミステリアスな世界観で既存のK-POPガールズグループには見られない新しい魅力を披露し、大衆に新鮮な衝撃を与えた。日本1stアルバムのリリースを目の前にした今、彼女たちの魅力についてたっぷりと語りたい。

 悪夢というダークなコンセプトを掲げただけでも十分オリジナリティに溢れているが、彼女たちは単に珍しいイメージだけで勝負しているわけではない。K-POPガールズグループとしては非常に珍しいヘヴィーなメタルロックを持ち味に、その強烈なサウンドによってダークなコンセプトをより効果的に表現している。これまでもガールズグループがロックサウンドを取り入れることは何度かあったが、DREAMCATCHERの場合は音楽性に明確なテーマが込められているため、そのサウンドと世界観が大きな相乗効果を生み出している。もちろんこの破格的な組み合わせは、パワフルなボーカルと激しいギターサウンドに違和感なく溶け込むような、ダイナミックなダンスパフォーマンスをこなせるメンバーたちの高いスキルがあってこそ実現できたのだ。

 DREAMCATCHERの世界観は、作品単位でつながっていく壮大な悪夢のストーリーで、すべての作品に連続性を持たせている。そのストーリーはサウンドやコンセプトだけではなく、ミュージックビデオやアートワークなどをも一つに結ぶ。例えばグループ名の「ドリームキャッチャー」とはアメリカインディアンに伝わる装飾品で、子供を悪夢から守ってくれる魔除けだ。彼女たちはそのドリームキャッチャーの模様をグループのシンボルやアルバムのアートワークにも使用し、アルバムごとにその模様のディテールに変化を与え、作品ごとのテーマやストーリーの変化を表現しているのだ。

 彼女たちの世界観を支える悪夢のストーリーは、作品単位でその流れを広げていく。デビューシングル『悪夢』収録の「Chase Me」では7人のメンバーがそれぞれの悪夢となり、人間にいたずらをして困らせるという構成が取られていた。その結果、2ndシングル『悪夢-Fall asleep in the mirror』収録の「GOOD NIGHT」では悪夢ハンターとの必死の追撃戦が広がる。そして1stミニアルバム『Prequel』収録の「Fly High」では映画のプリクエルのようにメンバーたちが悪夢になる前の話を描き、「なぜこの少女たちが悪夢になってしまったのか?」への答えを提示。その後の作品でも時代を移動したり、夢と現実の曖昧な境界に近づいたりするなど一貫性のあるストーリーで没入感を高めていった。

Dreamcatcher(드림캐쳐) _ Chase Me MV
Dreamcatcher(드림캐쳐) _ GOOD NIGHT MV
Dreamcatcher(드림캐쳐) ‘날아올라 (Fly high)’ MV

 そのようなDREAMCATCHERの独自の世界観を形作るのが7人のメンバーだ。リーダー・ジユを筆頭に、楽曲ごとに様々な歌声やダンスを使い分けて魅せるシヨン、ユヒョン、ガヒョン、ハンドン、ラップパートも担当するダミ、スア。日本でもすでに人気を集めるTWICEなどのような爽やかでキュートな“ガールラブリー”とも、BLACKPINKなどのようなクールな“ガールクラッシュ”とも一線を画す、美しさと気高さ、妖艶さを備えた唯一無二の存在感を放っている。

 これまでなかったガールズグループの登場に、国内外のK-POPファンは飛びついた。2017年の1月にデビューシングル『悪夢』をリリースし、その年のうちに初のワールドツアーを実現。悪夢のストーリーが進むにつれて世界中の反響もさらに勢いをつけ、2018年5月にリリースした2ndミニアルバム『悪夢・Escape the ERA』は11カ国でiTunes・K-POPアルバムチャートとソングチャート1位を獲得した。同年夏に開催された2度目のワールドツアーの後は、K-POPを代表するグループが総出するK-Cultureフェスティバル『KCON』にも出演。今年2月にはいよいよ悪夢のストーリーに終止符を打つ4thミニアルバム『The End of Nightmare』をリリースした。同作はiTunesワールドアルバムチャートで5位にランクインし、世界27カ国のアルバムチャートでトップ10入り、さらにBillboard Top World Albums Chartでは6位にランクイン。今年はアジアツアーで5カ国6都市をまわるなど、世界を舞台に活動の場を広げている。

 ワールドツアーのたびに日本を訪れ、本格的な日本活動のためのエンジンをかけていたDREAMCATCHERは、2018年11月にシングル『What -Japanese ver.-』でついに日本デビューを果たした。同シングルには3rdミニアルバムのリード曲『What』をはじめ、デビュー曲『Chase Me』の日本語バージョン、そして日本オリジナルソングである『I Miss You』が収録され、日本のファンたちを悪夢の世界に招いた。さらに今年3月には最新ミニアルバムのリード曲『PIRI』の日本語バージョンなど世界観のストーリー展開に欠かせない3曲を収録した『PIRI~笛を吹け~-Japanese ver.-』をリリース。そして8月22日にリリースした先行シングル『YOU AND I-Japanese ver.-』でアルバムへの期待感を高めた。

[MV] Dreamcatcher「PIRI~笛を吹け~-Japanese ver.-」
[MV] Dreamcatcher「What-Japanese ver.-」

 9月11日リリースの日本1stアルバム『The Beginning Of The End』は、これまでのDREAMCATCHERの悪夢ストーリーの集大成であり、新たな始まりの宣言でもある。2月にリリースされた4thミニアルバム『The End of Nightmare』は、そのタイトル(訳:悪夢の終わり)からも分かるように、これまで続いてきた悪夢のストーリーの終わりを告げた。しかし日本1stアルバム『The Beginning Of The End』は、そのタイトル(訳:終わりの始まり)で新たな何かが始まることを暗示している。これから彼女たちが紡いでいく物語の行方のヒントは、同アルバムに収録される日本オリジナルトラックにあると予想できるだろう。DREAMCATCHERの終わりなき物語に耳を傾け、日本での本格ブレイクの瞬間を見届けたい。

■soulitude
ポピュラーミュージックを専門とするライター。日韓の両国で記事執筆、歌詞や記事の翻訳、音源の流通などの仕事をしている。多様なメディアを通じて日韓の音楽シーンの架け橋となるべく活動中。
Instagram

■リリース情報
『The Beginning Of The End』
9月11日(水)発売

<先行配信曲>
YOU AND I-Japanese ver.-
配信はこちら

初回限定盤A【The End ver.】(CD+DVD+ミニフォトブック)
価格:5,400円(税込)
CD:全12曲収録
DVD:「Breaking Out」「PIRI~笛を吹け~-Japanese ver.-」ミュージックビデオ&メイキング映像
ミニフォトブック:The End ver. 30ページ
封入:イベント参加券<初回限定盤> or スペシャルチケット

初回限定盤B【The Beginning ver.】(CD+DVD+ミニフォトブック)
価格:5,400円(税込)
CD:全12曲収録
DVD:Asia Tour “INVITATION FROM THE NIGHTMARE CITY in JAPAN”(東京キネマ倶楽部2019.5.2)ライブ映像収録
ミニフォトブック:The Beginning ver. 30ページ
封入:イベント参加券<初回限定盤> or スペシャルチケット

通常盤(CD Only)
価格:2,700円(税込)
CD:全12曲収録
封入(※初回プレス分のみ):トレーディングカード1枚(ランダム全8種)/イベント参加券<通常盤> or スペシャルチケット

<CD収録内容>
M1 INTRO 
M2 Breaking Out
M3 My Way~この道の先へ~
M4 Chase Me-Japanese ver.-
M5 GOOD NIGHT-Japanese ver.-
M6 Wonderland-Japanese ver.-
M7 PIRI~笛を吹け~-Japanese ver.-
M8 What-Japanese ver.-
M9 I Miss You
M10 また一人になった-Japanese ver.-
M11 YOU AND I-Japanese ver.-
M12 OUTRO

※収録内容・仕様等は変更になる場合あり

■配信情報
「YOU AND I -Japanese ver.-」が音楽ストリーミングサービスおよび主要ダウンロードサイトにて8月22日(木)より先行配信スタート。

■イベント情報
日本1stアルバム『The Beginning Of The End』リリース記念ミニライブ&特典会
9月13日(金)東京・タワーレコード渋谷店B1 CUTUP STUDIO 
①17:00~/②20:00~
9月14日(土)東京・ららぽーと豊洲シーサイドデッキ
①13:00~/②16:00~
9月15日(日)名古屋・アスナル金山 明日なる!広場
①13:00~/②16:00~
9月16日(月・祝)兵庫・あまがさきキューズモール2F 緑遊広場
①12:00~/②15:00~
ミニライブ&イベント詳細はこちら

■ライブ情報
『“The Beginning of The End” SHOWCASE』
9月12日(木)マイナビBLITZ赤坂
OPEN18:15/START19:00
※特典会は16時30分ころから受付、17時ころから開催予定。
※公演時間約70分。
※ドリンク代別途500円(税込)あり。
※開場・開演時間は変更になる場合あり。
特典会付SHOWCASE限定チケット(CD+バルーンペンライト付)特設サイト

<一般チケット>
1F後方スタンディング 5,400円(税込)
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード: 162-032)
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード: 75812)
イープラス
SOGO TOKYOオンラインチケット

<店舗購入オリジナル特典>
・TOWER RECORDS: The Beginning Of The Endオリジナルポストカード TOWER RECORDSバージョン
・HMV: The Beginning Of The Endオリジナルポストカード HMVバージョン
・応援店: The Beginning Of The Endオリジナルポストカード 応援店バージョン
※ショップ別オリジナル特典の各絵柄は後日発表
・Amazon: デカジャケット

■関連リンク
DREAMCATCHER オフィシャルホームページ
DREAMCATCHER オフィシャルTwitter
DREAMCATCHER オフィシャルInstagram
DREAMCATCHER 音楽配信

アプリで読む