Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ジャファル・パナヒ監督最新作『ある女優の不在』予告編&場面写真公開 少女の自殺の謎を探る

リアルサウンド

19/10/11(金) 9:00

 12月13日公開のジャファル・パナヒ監督最新作『ある女優の不在』より、予告編と新たな場面写真が公開された。

参考:動画はこちらから

 2018年の第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で脚本賞を受賞した本作では、過去、現在、未来の3つの時代をシンボリックに体現する3人の女優をめぐる深遠なドラマを映像化した。

 長編デビュー作『白い風船』でカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)、『チャドルと生きる』でヴェネチア国際映画祭金獅子賞、『オフサイド・ガールズ』でベルリン国際映画祭銀熊賞を相次いで受賞、わずか10年余りで世界三大映画祭を制したパナヒ監督は、その快挙によって名実共にイランを代表する国際的なフィルムメーカーに。しかし、社会の不条理な現実を描いたことで政府当局と対立し、2度にわたる逮捕を経験。2010年には20年間もの映画製作禁止を命じられた。それでもパナヒ監督は自宅軟禁中に作り上げた『これは映画ではない』をカンヌ映画祭などに出品し、その後も『閉ざされたカーテン』『人生タクシー』を発表。断固として権力の圧力に屈しない姿勢と、実験精神やユーモアに満ちあふれた作風で賞賛を集めてきた。

 公開された予告編では、スマホサイズの縦型の画面に、「この動画を女優のベーナズ・ジャファリさんに送って」と語り、女優になることを夢見ていたが、家族に反対された少女・マルズィエがロープで首を吊って自殺をしようとしている様子や、動画を送りつけられたジャファリが、真相を確かめるため、友人であるパナヒ監督とともに、マルズィエがが住むイラン北西部の村を訪れ、村人たちから冷ややかな反応を向けられるシーンが映し出されている。 (文=リアルサウンド編集部)

アプリで読む