Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ラストレター」

岩井俊二監督作「ラストレター」にカラテカ矢部が出演、福山雅治に手紙を配達

ナタリー

19/12/16(月) 5:00

岩井俊二の監督最新作「ラストレター」に、カラテカの矢部太郎が出演している。

手紙の行き違いをきっかけに始まった2世代の男女の恋愛と再生を描く本作。キャストには松たか子、広瀬すず、庵野秀明、森七菜、神木隆之介、福山雅治が名を連ねる。

矢部が扮したのは、福山演じる小説家・乙坂鏡史郎に手紙を届ける郵便局員。矢部は「ずっと昔から何度も繰り返し観ていた岩井俊二さんの映画に出演して福山雅治さんとお会いして美しい夢のようでした」と本作に出演した心境を語った。

なお手紙の配達シーンは、矢部のマンガ「大家さんと僕」の舞台にもなったアパートで撮影が行われた。これは、乙坂の部屋の撮影場所として本がたくさんある部屋を探していた映画のスタッフが、読書家の矢部に声をかけたことがきっかけ。イメージ通りの部屋だったことからロケ地として選ばれたという。そして岩井の「矢部さんに出演してほしい」というオファーによって、矢部が出演する運びとなった。

「ラストレター」は、1月17日より全国ロードショー。

矢部太郎 コメント

ずっと昔から何度も繰り返し観ていた岩井俊二さんの映画に出演して福山雅治さんとお会いして美しい夢のようでした。あの大切な時間が映画の中に永遠に残り、観た人の心にも残り続けること大変嬉しく思います。美しく、しかしこの映画は夢ではなく、そこにありました。たくさんの人の心に届きますように。

(c)2020「ラストレター」製作委員会

アプリで読む