Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

岸谷五朗、地球ゴージャスの新たな挑戦「The PROM」は「皆さんの心に栄養届ける作品」

ナタリー

21/2/16(火) 20:00

「Broadway Musical『The PROM』」製作発表より、上段左から岸谷五朗、佐賀龍彦、霧矢大夢、TAKE、寺脇康文、下段左から草刈民代、三吉彩花、葵わかな、 大黒摩季、保坂知寿。(撮影:NAITO)

岸谷五朗と寺脇康文のユニット・地球ゴージャスがプロデュースする「Broadway Musical『The PROM』」の製作発表が、本日2月16日にオンラインで開催された。

「The PROM」は、2018年にブロードウェイで幕を開け、翌年のトニー賞で7部門にノミネートされたミュージカル。昨年12月には、メリル・ストリープやニコール・キッドマンを迎えた映像化作品がNetflixで配信された。同作が、岸谷による日本版脚本・訳詞・演出で上演される。出演者にはエマ役の葵わかな、アリッサ役の三吉彩花のほか、D.D.アレン役をトリプルキャストで務める大黒摩季、草刈民代、保坂知寿、アンジー役の霧矢大夢、ホーキンス校長役をWキャストで務める佐賀龍彦(LE VELVETS)とTAKE(Skoop On Somebody)、ミセス・グリーン役の藤林美沙、シェルドン役の小浦一優(芋洗坂係長)、そしてバリー・グリックマン役の岸谷、トレント・オリバー役の寺脇が名を連ねている。

製作発表には、葵、三吉、大黒、草刈、保坂、霧矢、佐賀、TAKE、そして岸谷と寺脇が登場した。会見前に行われた、キャストによるパフォーマンスでは、葵と霧矢が「ZAZZ」、大黒、草刈、保坂が「目立ちたくないのよ! 私」を力強く歌唱し、3曲目には、天井から吊るされたミラーボールが回る中、劇中のフィナーレを飾る楽曲「It’s time to dance」がオールキャストにより披露された。

岸谷は「難易度の高いミュージカルですが、稽古は順調です。チームワークにだけは自信があります!」と笑顔で述べる。また本作を地球ゴージャスで上演しようと思ったわけを「2018年に、トニー賞のノミネート作品をニューヨークで観ることができて。10作品くらい観た中で、劇場を後にしたお客さんが、一番幸せそうな顔をしていたのが『The PROM』でした」と話し、「コロナ禍で、どうしても背中が丸まってしまう中、皆さんの心に栄養や元気を与えられる作品だと思っています」と真摯に語った。

本作は、昨年25周年を迎えた地球ゴージャスにとって初となる海外作品。寺脇は「五朗ちゃんとの銀婚式も終えまして(笑)、26年目に突入というときに、五朗ちゃんから『ブロードウェイでいい作品があって!』と言われて。話を聞いて、すぐに『それやろうよ五朗ちゃん!』ってなりましたね。今までにない新しい風が吹く予感がしています」と話す。

葵は、三吉演じるアリッサとプロムに参加しようとする主人公・エマを演じる。葵が「エマは、彼女にとっての“当たり前”を貫くため、成長していく強さを持っている。その強さと、アリッサとの恋路を進めたいと願う、10代らしいキラキラした部分を表現できれば」と語ると、三吉はそれに「私たちは二十代前半ですが、年齢より落ち着いていると言われがちなので(笑)、そういったフレッシュな、はつらつとしたところは出していきたいよね」とうなづく。さらに三吉は「今回、わかなちゃんとは初めて共演するんですけど、似ている部分を感じていて。周りから、『なんか違うけど似ているよね』と言われるようにもなってきたので、エマとアリッサのカップルっぽさも出てきたのでは」と意気込んだ。

今回、演技初挑戦となる大黒は「岸谷さんからお誘いを受けたとき、やんわりと断っていたんですけど、飲み込まれてしまって……(笑)。稽古初日は、日本に連れてこられたE.T.みたいな気持ちでした」と明かし、会場を笑いで包む。草刈は「ミュージカルに出演するのはこれが3回目ですが、岸谷さんが日本版脚本を書いて、演出されるとのことで、これは面白くなりそうだなと。台本を読んだとき、その予感は当たったなと思いました。岸谷さんの言葉のセンスと、この作品のセンスが一致していて。これは“日本版の『The PROM』”になりそう」とほほ笑む。

保坂は「何十年も前、とあるブロードウェイミュージカルをやるときに、実際にブロードウェイに振付を習いに行ったときがありまして。そのとき、その舞台のオリジナルキャストとして出ていらしたベス・リーベルさんという女優さんが、『The PROM』のオリジナル版でもD.D.アレン役をで演じられていたということを知りました。そのあとの経歴を拝見すると、これまでやってきた役に重なる部分があったりして、おこがましいけど、役のご縁を感じています」と感慨を述べる。

霧矢は、会見前のパフォーマンスについて「稽古場ではマスクをしていたので、久しぶりにマスクなしで歌い踊らせていただきました。その開放感たるや!(笑)すごく楽しくパフォーマンスさせていただきました」と朗らかな笑顔を見せる。さらに「稽古では、地球ゴージャスのお二人がグイグイ引っ張ってくださる。毎日、いろんなことを吸収できる、とても楽しい現場です」と稽古場の様子を明かすと、岸谷は「霧矢くんは学級委員なんですよ。一番しっかりしてる」とコメント。それに霧矢が恥ずかしそうに「いや、びっくりするぐらい抜けているときもあるので……」と返すと、岸谷は「本番マスクして出ないようにね(笑)」といたずらっぽい笑みを浮かべ、周囲の笑いを誘った。

公演は3月10日から4月13日まで東京・TBS赤坂ACTシアター、5月9日から16日まで大阪・フェスティバルホールにて。なお会見の模様は、「AMUSE Official Channel」の公式YouTubeチャンネルで、公演終了の5月16日まで公開される。

Broadway Musical「The PROM」Produced by 地球ゴージャス

2021年3月10日(水)~4月13日(火)
東京都 TBS赤坂ACTシアター

2021年5月9日(日)~16日(日)
大阪府 フェスティバルホール

脚本:ボブ・マーティン、チャド・ベゲリン
音楽:マシュー・スクラー
作詞:チャド・ベゲリン
日本版脚本・訳詞・演出:岸谷五朗
出演:葵わかな、三吉彩花 / 大黒摩季、草刈民代、保坂知寿 / 霧矢大夢 / 佐賀龍彦(LE VELVETS)、TAKE(Skoop On Somebody) / 藤林美沙、小浦一優(芋洗坂係長) / 青柳塁斗、島ゆいか、MARIA-E、百名ヒロキ / 加藤潤一、仙名立宗、田口恵那、砂塚健斗、杉山真梨佳、鈴木百花、飯田一徳、織里織、山田元、酒井比那、酒井翔子、内木克洋、高城徹 / 岸谷五朗、寺脇康文

※大黒摩季、草刈民代、保坂知寿はトリプルキャスト、佐賀龍彦、TAKEはWキャスト。
※高城徹の「高」ははしご高が正式表記。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む