Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「フォードvsフェラーリ」ワールドプレミアの様子。

「フォードvsフェラーリ」お披露目、クリスチャン・ベールが“友情の描き方”アピール

ナタリー

19/9/11(水) 17:20

マット・デイモンとクリスチャン・ベールが共演した「フォードvsフェラーリ」。カナダで開催中の第44回トロント国際映画祭に出品されている同作のワールドプレミアが現地時間9月9日、記者会見が10日に行われた。

実話をもとにした本作では、1966年の“ル・マン24時間耐久レース”で絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちの姿が描かれる。フォード社から「ル・マンでの勝利」という使命を受けたカーエンジニアのキャロル・シェルビーをデイモン、破天荒なイギリス人レーサーのケン・マイルズをベールが演じた。

ワールドプレミアにはデイモンとベールのほか、トレイシー・レッツ、カトリーナ・バルフ、ノア・ジュプ、ジョン・バーンサル、監督のジェームズ・マンゴールドらが出席した。翌日の会見でベールは「喧嘩をしてもなお、お互いを認め合っている主人公2人の友情の描き方。そして、個性的で情熱あふれる人間性にとても惹かれたよ」と作品の魅力を説明。マンゴールドは「友情が大きなテーマになっているんだ。車だけでなく主人公2人を中心とした人間ドラマに注目してほしい」と呼びかけた。

「フォードvsフェラーリ」は2020年1月に全国ロードショー。

(c)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

アプリで読む