Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

佐々木俊尚 テクノロジー時代のエンタテインメント

戦争映画を描くとき、その視座は時代によってどう変化するか

毎月連載

第18回

19/11/28(木)

写真は、太平洋戦争の戦犯を裁く裁判の模様を収めたドキュメンタリー映画『東京裁判 デジタルリマスター版』より (C)講談社2018

映画やドラマで過去のできごとや事件が描かれる時、その“視座”をどうするのか?という問題がある。その問題が典型的に現れるのは、日本では太平洋戦争だ。兵士や庶民を主人公にして戦争を描く時、彼ら彼女らが戦争に対してどう向き合っていたのかという視座が問われるのである。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む