Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

町田啓太×青柳翔 『今際の国のアリス』で体感したNetflixのスケール感

ぴあ

20/12/21(月) 12:30

Netflixが大人気漫画を豪華キャストと従来の日本の映画・ドラマにはないスケールで実写化した『今際の国のアリス』の配信が先日より開始された。突然、謎めいた“今際の国”に飛ばされてしまった主人公たちが生き残りをかけて理不尽な“げぇむ”に挑む姿を描く本作に、劇団EXILEから町田啓太と青柳翔が参戦! 劇中では異なるチーム、立場で生き残りに挑んだふたりがたっぷりと本作の撮影や魅力について語ってくれた。

あなたは何のために生きている?
そう問いかけてくる作品

── 最初に『今際の国のアリス』の実写化のオファーが来て、企画・物語にどのような印象を受けましたか?

青柳 僕はもともと原作を読んでいたんですが、物語としては“生きる”とか“あなたは何のために生きていますか?”とか問いかける作品だなという印象を持っていました。“あなたは何のために生きていますか?”って聞かれて、どう答える?

町田 いきなりこっちに質問(笑)? 何ですかね……?

青柳 そういう反応になるでしょ? それはもちろん、各々に答えがあっていいと思うの。“家族”、“仕事”、“子供”、“犬や猫の存在”だって立派な生きる理由だと思うんです。“楽しいことをしたい”とか“夢を叶えるため”でもいい。作品に触れるひとりひとりにそうやって“何のために生きていますか?”と問いかける作品だなと思っていたので、参加できるのがすごく楽しみでしたね。

町田 僕は原作を読んでいなかったんですが、内容以前にNetflix配信で、ROBOT制作、監督が佐藤信介さんというのを聞いて、それだけで興奮しました。もう頭の中で「すごい規模感なんだろうな」っていろいろ浮かんできて、いざ原作を読ませていただいて、ありそうでなかったというか、ハッと気づかされることが多くて「なるほど」と思いました。

最初の段階で演じる役柄については聞いてなかったんですけど、誰かな?と思ってたらカルベって聞いて「え? 嘘でしょ? 僕にカルベですか?」って(笑)、ホントに間違いなんじゃないかって思ったくらいで。僕としては挑戦させてもらえるってことが嬉しかったし、すごく好きなキャラクターでもあったので、最初の段階から本当にびっくりが多い作品でした。

『今際の国のアリス』でカルベを演じる町田啓太

── カルベはアリスの友人で、精神力と強さを持ち合わせた頼れる男ですね。この役のオファーが来たことに関して、どういう部分が意外だったんでしょうか?

町田 原作でも今回の脚本でもカルベは基本的に、少しケンカっ早かったり、感情の起伏が激しかったり、言葉遣いも荒かったりしますよね。僕自身がなかなか普段は口にしないような言葉も多かったりして、これはちゃんと“自分の言葉”として発せられるようにならないと、薄っぺらい、観る人も違和感があるようなキャラクターになってしまうなと。佐藤監督ともしっかりと話をさせていただきましたし、現場ではアリスたちとの関係をしっかりと築いていくことを意識しました。

── 演じてみて、あらためてカルベはどういう人物であり、どういう魅力を持っていると感じましたか?

町田 何かを“守る”人生なんだなと思いますね。愛する人、仲間、原作では親も出てくるんですが、そうした自分の大事な存在を守ることを生きがいにしてきた人物なんだなと。それって強くないとできない生き方だと思うし、一方で優しさも持ち合わせていて、そういうところがすごく魅力的だなと思いますね。

『今際の国のアリス』でアグニを演じる青柳翔

── 青柳さんが演じたアグニは武闘派のいかつい男ですね。印象や役作りについて教えてください。

青柳 原作でもすごく筋肉があって坊主でタンクトップの屈強な男ということで、お話をいただいたときは正直「これ、俺に合うかな?」と不安もあったんですが、佐藤監督やスタッフさんともお話をしながらすり合わせて作っていきました。

── 見た目のマッチョな印象が強く、今際の国における“げぇむ”でも、肉体型、知能型、バランス型、心理型の4区分の中でも肉体型を得意とするとされるアグニですが、話が進む中で、内面的な部分の“深み”が要求される役柄だったかと思います。

青柳 今考えると、“肉体派”“武闘派”と言われてはいますが、もともとは“バランサー”だったのかな? と思いますね。自分にとって大切な人のために、その思いを表には出さずにいる意志の強さと、その一方で、そこに執着してしまう弱さとか……屈強な表面に出ない、内に秘めたモノを持っている人物だったので、やりがいはすごくありましたし、難しいなと思いながらやっていました。

渋谷を再現したオープンセット
Netflixのスケール感に驚き

── 渋谷のスクランブル交差点をオープンセットで再現するなど、スケールの大きさが話題になっていますが、実際に現場に入ってみていかがでしたか? アクションシーンもかなり激しかったかと思います。

青柳 アクション監督さん(下村勇二)やアクション部の方に細かくご指導をいただきながら作っていくことができたのが良かったですね。元々このアクションチームで作品をやっていた経験があったのですごく入りやすかったですし、信頼感を持ってやれたのが大きかったと思います。

── 渋谷の街並みを再現したオープンセットでの撮影はいかがでしたか?

町田 すごかったですねぇ。「あれ? ここ渋谷?」ってくらい出来上がっていましたし、(CG用の)グリーンバックもこんなに一面に張り巡らされてるのを見たことがなかったし、撮影しながら「これ、実際の映像だとどうなるんだろう?」って。完成した作品を見ると「なるほど、すごいな」と。演じた僕が見てもどこからCGでどこがセットなのか分かんなかったりするし、「本当に明け方の渋谷で撮ったんじゃないかな?」って思うくらい(笑)。

エキストラさんの数もものすごかったです。大勢の人でにぎわうスクランブル交差点のシーンで、交差点で事故が起きて、僕らが渋谷駅のトイレに逃げ込んで、しばらくして外に出てきたら誰もいなくなっていたというのをカメラはずっと僕たちを追いかけて長回しで撮影してるんですけど、実際に僕らがトイレに逃げている間に、何百人というエキストラさんたちが息を合わせて一斉にいなくなってるんです。あの規模感、あのセットじゃないと成立しないシーンで、ものすごい見応えだと思います。

青柳 僕は渋谷でのシーンはちょっとしかなかったんですけど、いま、町田が言ったシーンは現場を見ていたのでまさかあんな映像になっているとは思ってなかったですね。他のシーンもですけど、規模感、CG、編集……どれもNETFLIXならでは、佐藤監督ならではのものになっているなと思いましたね。

── 町田さんは、アリス(山崎賢人)、チョータ(森永悠希)との関係性が物語においても、カルベという役を演じる上でも非常に重要だったかと思います。

『今際の国のアリス』での森永悠希(左)、山崎賢人(中央)、町田啓太(右)

町田 賢人くんとも森永くんとも共演は初めてで、現場で会ったのがほぼ「はじめまして」だったんですけど、最初の撮影が3人でバーで笑い話をするというシーンで、3人の関係性がしっかりと築けていないといけない場面だったんです。でも、あのふたりと話していると、自然と盛り上がるんですよね。

賢人くんはすごくフラットでナチュラルな方で、一緒にいて心地良い空気を作ってくれるし、森永くんのことは僕ら最初の段階から“師匠”と呼んでるんですけど(笑)、すごく多才なんです。プロ並みにマジックができたり……。

青柳 今、何歳なんだっけ?

町田 24歳かな? 3人の中で一番年下なんですけど……。

青柳 16歳くらいで一度、悟りを開いてるんだろうね。

町田 もう5回くらい転生してるんじゃないかって(笑)。マジックも教えてもらったんですけど、本気のマジックなんですよ! 料理のことも詳しいし、多才すぎるしチャーミングだし、チョータともリンクしてるし正直、僕は自然な感じでその場にいられて、楽をさせてもらいましたね。佐藤監督も最初のシーンを撮り終えて「本当に良かったよ」と言ってくださって、すごくモチベーションも上がりましたし、ふたりに感謝しています。

ふたりはNetflixのヘビーユーザー!?
オススメする作品は?

── ちなみにおふたりが今際の国に滞在することになったら、どうやって生き残りますか? それなりにやっていく自信は……。

青柳 僕は諦めるでしょうね……。

町田 青柳さんは、諦めそうだなぁ……(笑)。

青柳 俺、諦めは早いからね。

町田 すぐ次に転生してそうですね。僕は意地でも生き残りたくなっちゃう気がする。他人を蹴落として……とかはイヤですけど、体力勝負だったり、自分との戦いみたいな感じであれば結構、いけるのかな……?

── “げぇむ”に関しては……?

町田 いやぁ僕、結構だまされやすいんですよね(苦笑)。意気込んでて一番最初にやられちゃうヤツでしょうね。ホラー映画で一番最初に消えるタイプ(笑)。

── 劇団EXILEの仲間で生き残りそうなメンバー、真っ先にゲームオーバーしそうなメンバーは?

青柳 いやぁ、全員すぐやられるでしょ(笑)? 人間的に“優れている”ヤツはいないね。

町田 生き残らない方がいいかもしれないですね(笑)。本当に生き延びるべき人たちにとって有害な存在になるかも……。

青柳 やめといた方がいいと思うんだよねぇ……。

町田 ダメだ、暗いなぁ。なんか青柳さんに引っ張られてますけど、俺、生きたいです(笑)!

── 今年は特に自粛期間もあって、配信で映画やドラマを楽しむ人も増えたと思いますが、おふたりは配信で作品をご覧になることはありますか?

町田 僕、超絶Netflixユーザーですよ!

青柳 僕も本当に超絶ユーザーです。『タコスのすべて』(※メキシコの人気料理タコスの知られざる歴史やおいしさの秘訣、人気店などを紹介するドキュメンタリー)とか。知ってる?

町田 知ってます! 面白いですよね(笑)。

青柳 あれね、結構奥が深いよね。

── メジャーな作品ばかりでなく……。

青柳 というかメジャーな作品はもうたいてい観てますからね。

町田 ドラマや映画も素晴らしいけど、ドキュメンタリーのクオリティが本当にすさまじいので、掘り出したらキリがないですよね?

青柳 ホントにそう。ラグビーのドキュメンタリーもすごく面白いし。

町田 僕、ザック・エフロンさんがただただ旅をする番組(『ザック・エフロンが旅する明日の地球』)とか好きですね。

青柳 観てる観てる(笑)! 面白い!

町田 めっちゃいい人じゃん!って。

青柳 自分の知人と一緒に旅するのね。

町田 自分の発案でプロデュースまでしてるんですよね。めっちゃ面白いですよね。ハリウッドの俳優さんでこんな人がいるんだ!という発見があったりして、隅々まで楽しいです。

青柳 楽しいよねぇ。

※山崎賢人の「ざき」は「たつさき」が正式表記

取材・文:黒豆直樹 撮影:源賀津己

Netflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』
Netflixにて全世界独占配信中

(c)麻生羽呂・小学館/ROBOT

※ぴあアプリでは町田さん、青柳さんのアザーカットを11点掲載中! アザーカットはアプリでご覧ください。



町田啓太さん、青柳翔さんのサイン入りチェキを1名様にプレゼント!

応募方法
ぴあ映画編集部Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、ぴあ映画編集部アカウントよりDMをお送りします。

ぴあ映画編集部Twitter

対象ツイート:
https://twitter.com/eiga_pia/status/1340862179193438209

※当選後、お届け先ご住所のご連絡ができる方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。

【応募締め切り】
2021年1月8日(金) 23:59まで
※期間中は何度でも応募可能です。


新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む