Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「紅ゆずるの当たり役になる」と演出・原田諒が自信、ミュージカル「エニシング・ゴーズ」

ナタリー

ブロードウェイ・ミュージカル「エニシング・ゴーズ」製作発表記者会見の様子。左から、原田諒、愛加あゆ、廣瀬友祐、一路真輝、紅ゆずる、陣内孝則、大野拓朗、平野綾、市川猿弥。

紅ゆずるが主演を務めるブロードウェイ・ミュージカル「エニシング・ゴーズ」の製作発表記者会見が、本日7月3日に神奈川・横浜港 大さん橋に停泊したクルーズ客船・にっぽん丸船内で行われた。

「エニシング・ゴーズ」は、コール・ポーターが作詞・作曲を手がけ、1934年にブロードウェイで初演されたミュージカルコメディ。日本では1989年に大地真央主演で初演されて以降、上演が重ねられてきた。新バージョンとなる今回は宝塚歌劇団の原田諒が演出・潤色を担当。劇中では、豪華客船を舞台に、紅演じるナイトクラブのスター歌手・リノを中心にした物語が展開する。

製作発表記者会見には、原田と紅に加え、出演者の大野拓朗、廣瀬友祐、愛加あゆ、一路真輝、平野綾、市川猿弥、陣内孝則が出席した。まず原田は「今回、演出のご指名をいただいたことにとても驚きました」とオファーを受けたときの心境を明かしつつ、本作を「ジャズの魅力がふんだんに織り込まれた、ブロードウェイ・ミュージカルらしいブロードウェイ・ミュージカル。暗い時代を打破するような、楽しく明るい内容となっています」と表現。さらに「僕が宝塚大劇場で初めて作品を作らせていただいたのが、『華やかなりし日々』という作品なのですが、当時のインタビューで『次にどんな作品をやりたいですか?』と聞かれたときに、答えた作品の1つが『エニシング・ゴーズ』でした。なので、10年越しに夢が叶いました」と笑顔で語った。

今作は紅にとって、宝塚歌劇退団後、初めて出演するミュージカル作品となる。原田は、宝塚歌劇時代の紅を「ひょうきんで、個性的で、宝塚らしくない男役でした(笑)」と振り返りつつ、「本作では、(紅の)コケティッシュさと、彼女の中にある女性らしさが、うまくブレンドされている。僕が持っているイメージを凌駕してくれることを確信しています。彼女の当たり役になるかと」とキャスティングに自信を見せる。原田の言葉を受けた紅は「改めて、心して稽古に挑みたいなと思いました」と感慨深げな表情を浮かべつつ、「宝塚時代には見せたことがなかったものを、たくさんお見せできるかと」とファンの期待を煽る。

今回“女性”を演じるうえでの意気込みを、記者から求められた紅は「リノという役は、自分と性格がとても近いんです。なので、“女性の役を演じる”というより、自分の中に流れる、リノと通ずる部分から、役作りができればと思っています。最終的に、リノという役が私なのか、それとも私がリノなのか、わからなくなるくらいまで、突き詰めていきたい」と気合十分な様子を見せた。

陣内は、紅の印象を「まだ稽古が始まって浅いので、あまり深くは知らないのですが、とんでもなく素晴らしい人だということは知り合いから聞いております。宝塚のトップを務めた方は、独特の華がありますよね」とコメント。また陣内が「彼女とデュエットするパートがあるのですが、僕が音符通りに歌わないので、ズレると(紅が)心の中で舌打ちしているような気が……(笑)」と冗談を言うと、紅は笑いながら、「してないです!(笑)」と強い口調で否定。陣内も笑みを浮かべつつ、「このハレーションが、舞台上で面白く出ればいいなと思います!」と言葉に力を込めた。

会見の終盤では、本作のタイトルナンバー「エニシング・ゴーズ」が、紅の歌唱と、大野、廣瀬、愛加、一路、平野、猿弥、陣内によるコーラスで披露された。紅は持ち前の歌唱力で、リノのスター歌手らしさを表現しつつ、歌唱中に見せる屈託ない笑顔で、リノの明るくポジティブな性格を表現した。歌い終わったあと、紅は「緊張しましたけど、すっごく楽しかったです!」と満面の笑みを浮かべ、「お客様に楽しんでいただき、前向きな気持ちになっていただけるようなブロードウェイ・ミュージカルにしていきます。皆様、どうかご期待くださいませ!」と呼びかけ、会見を締めくくった。

公演は8月1日から29日まで東京・明治座にて。その後、9月から10月上旬にかけて愛知・御園座、大阪・新歌舞伎座、福岡・博多座で上演される。

ブロードウェイ・ミュージカル「エニシング・ゴーズ」

2021年8月1日(日)~29日(日)
東京都 明治座

2021年9月4日(土)~12日(日)
愛知県 御園座

2021年9月17日(金)~26日(日)
大阪府 新歌舞伎座

2021年9月30日(木)~10月5日(火)
福岡 博多座

作詞・作曲:コール・ポーター
オリジナル脚本:P.G.ウドハウス&ガイ・ボルトン、ハワード・リンゼイ&ラッセル・クラウス
新脚本:ティモシー・クラウス&ジョン・ワイドマン
翻訳・訳詞:青井陽治
演出・潤色:原田諒
出演:紅ゆずる / 大野拓朗、廣瀬友祐、愛加あゆ / 一路真輝 / 平野綾、市川猿弥 / 陣内孝則 / 手塚秀彰、さけもとあきら、加賀谷真聡、佐々木崇 / 岡崎大樹、神澤直也、坂元宏旬、常住富大、福永悠二、堀江慎也、丸山泰右、山名孝幸、横山達夫 / 石原絵里、伊藤典子、岩崎亜希子、織里織、神谷玲花、輝生かなで、小山侑紀、豊田由佳乃、樋口綾、柳本奈都子

※岩崎亜希子の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

※2021年7月28日追記:8月1日から9日までの公演と一部夜公演は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

(c)ブロードウェイ・ミュージカル『エニシング・ゴーズ』

アプリで読む