Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

宮崎駿がイラスト&コメント提供 J・ミラバッシのジブリカバー集新作

CINRA.NET

19/11/11(月) 16:00

イタリア出身のジャズピアニスト、ジョバンニ・ミラバッシのジブリカバー集『MITAKA CALLING -三鷹の呼聲(よびごえ)-』が、12月18日にリリースされる。

現在はパリを拠点に活動するジョバンニ・ミラバッシ。1996年の『アヴィニョン・フェスティバル』で大賞を受賞、その後、『Victoire du Jazz』『Django d'Or』などのジャズ賞を獲得している。少年時代からスタジオジブリ作品をはじめとする日本のアニメに親しんでいたといい、2015年にはジブリ作品を中心にカバーした『アニメッシ~天空の城ラピュタ ほか~』を発表している。

『MITAKA CALLING -三鷹の呼聲(よびごえ)-』は、“あの夏へ ~「千と千尋の神隠し」”“Flying boatmen ~「紅の豚」”など、スタジオジブリの映画の楽曲をピアノトリオによるアンサンブルで演奏した9曲を収録。デジパック、スリーブケース、折り込みポスターを封入した仕様となっている。CDのジャケットには宮崎駿が提供したイラストを使用しており、宮崎駿は「ミラバッシさんのピアノが好きです。自由と情熱、彼そのものです。」とのコメントを寄せている。

2020年春にはジョバンニ・ミラバッシの日本ツアーが開催される予定だ。

アプリで読む