Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「6アンダーグラウンド」ジャパンプレミアの様子。左から肥後克広、ゆきぽよ、上島竜兵。

肥後克広、Netflix「6アンダーグラウンド」のイベントでゆきぽよを勧誘

ナタリー

19/12/11(水) 12:23

「6アンダーグラウンド」のジャパンプレミアが12月10日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、ダチョウ倶楽部の肥後克広と上島竜兵、ゆきぽよが登壇した。

本作は謎の億万長者、元CIAスパイ、凄腕の医者などスキルも職業もバラバラな男女6人がチームを結成し、最難関のミッションに挑むノンストップアクション。ライアン・レイノルズ、ベン・ハーディ、メラニー・ロラン、エイドイア・アージョナ、デイヴ・フランコ、コーリー・ホーキンスが出演し、マイケル・ベイが監督を務めた。

この日、寺門ジモンが不在だったことから、肥後は「ジモンは知り合いの焼肉店にテープカットに行っているからクビにしちゃって、代わりにゆきぽよを新メンバーにリクルートしよう!」と提案する。「俺たちはリアクション芸だから、メンバーにふさわしいかまず体力テストを」という上島のコメントを受け、ゆきぽよはパンチ力を測るテストに挑戦。ゆきぽよのパンチを誰が受けるかで、もめ始める。最終的には、肥後とゆきぽよが上島に「どうぞどうぞ」と譲る結果となった。

上島との絡みの相性がよかったことから、肥後は「ジモンより笑いの素質がある!」とゆきぽよに太鼓判を押し、彼女をダチョウ倶楽部の新メンバーとして迎え入れることに。“新ダチョウ倶楽部”というグループ名の入った法被をプレゼントされたゆきぽよが「今日限りで脱退します!」と早くも離脱を表明すると、上島は「なったばっかりなんだからもうちょっとやってもいいだろ!」と地団太を踏んだ。

Netflixオリジナル映画「6アンダーグラウンド」は12月13日より配信。

アプリで読む