Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』 (C)AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS

「原作への愛を感じる」『シティーハンター』が満足度ランキング第1位に!

ぴあ

19/12/2(月) 18:00

「ぴあ」調査による2019年11月29日公開のぴあ映画初日満足度ランキングは、北条司の人気コミック『シティーハンター』をフランスで実写映画化した『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』が第1位になった。

『シティーハンター』はアニメ版が1987年に放送開始。その後シリーズ化され劇場版が作られるなど何度も映像化されており、今年の2月には20年ぶりの新作長編アニメーションが公開になった。アニメ版はフランスでも放送されており、小学生の頃に観て熱狂的なファンになったという『世界の果てまでヒャッハー!』のフィリップ・ラショーが本作の監督と主演を務めた。なお、本作はフランスで動員168万人を突破する大ヒットを記録している。

劇場には原作漫画やアニメシリーズのファンの姿も多く、出口調査では「漫画よりもキャラがしっかりしていてわかりやすい。かなり笑った」(50代)、「漫画やアニメへのオマージュがあって、製作陣の原作への愛がしっかり伝わってきた」(30代)、「アニメの再現度が高く、マンガチックな画もあって、その手があったか!と思った」(20代)、「アニメより過激! もちろんアニメにしかできないこともあるけれど、うまく実写化していて期待以上!」(50代)など大好評。アニメ世代ではないがネット配信で観て好きになったと話す人もおり、20代から60代までの観客から高い満足度を集めた。

中には「最初は日本の漫画をフランスで実写化するのはどうなのかな? って思ってたが、違和感なく気軽に観られたし、漫画を知らない人でも楽しめると思う。もし続編があったら絶対に観たい!」(50代)、「正直、実写はどうなのかな・・・って思っていたけど、原作好きにはたまらない内容だった」(30代)と話す人も。

なお本作は、山寺宏一、沢城みゆきら実力派声優陣が声を務めるデラックス吹替版で上映されており「ベテランの声優さんがどのように演じるのか興味があったので観にきた。決してがっかりさせない実写化なので、アニメファンの人たちも楽しめると思う」などの感想もあった。

1位『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』92.8点
2位『ファイティング・ファミリー』92.1点
3位『幸福路のチー』87.7点
4位『マリッジ・ストーリー』85.5点
5位『ドクター・スリープ』82.8点
6位『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』82.7点
7位『KIN/キン』82.2点
8位『HUMAN LOST 人間失格』81.8点
9位『読まれなかった小説』81.3点
10位『THE INFORMER/三秒間の死角』79.8点

(本ランキングは、11/29(金)に公開された新作映画10本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

アプリで読む