Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

春田カラーである緑のペンライトの光に包まれた会場。

おっさんずラブ応援上映に“OL民”集う、息ぴったりに「アグリー!」「きんぴら!」

ナタリー

19/9/7(土) 22:31

「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の応援上映「サタデーナイト『劇場版おっさんずラブ』応援(フィーバー)上映だお」が本日9月7日に全国50劇場にて開催。映画ナタリーでは、東京・TOHOシネマズ 新宿で行われた回の冒頭約30分をレポートする。

この日劇場には「おっさんずラブ」シリーズのファン、通称“OL民”が集結。浴衣や「おっさんずラブ」Tシャツに身を包み、ペンライトや“はるたんタオル”、サウナシーンで登場する柄杓を持ち込むなど気合い充分で上映に臨む。本編前に流れた配給の東宝、製作のテレビ朝日のロゴに、OL民は「ありがとう!」と感謝を述べ、和やかに応援上映が始まった。

アバンタイトルで田中圭演じる春田創一が現れると、早速「キャー!」と大歓声が起こり、告知されていたテーマカラーである緑のペンライトが光り出す。香港の街を歩く姿や路地裏でのアクションシーンには、「はるたんかわいい!」「かっこいい!」と両方の声が。そして、林遣都扮する牧凌太の登場を青いペンライトで迎えた観客は、牧と再会した春田をほほえましく見守り、春田のセリフである「ゴー! ホーム!」を一緒になって叫んだ。

タイトル表示のあと、いよいよ物語がスタート。天空不動産のメンバーが映されるたびに名前が叫ばれ、吉田鋼太郎演じる黒澤武蔵と春田がハグを交わすと、ファンは武蔵カラーの赤いペンライトで祝福する。その後「はぁー!?」「なんてこった!」「オール・フォー・ジーニアス! ジーニアス・フォー・オール!」「プリーズ、ハリーアップ」「アグリー!」などのセリフが息ぴったりに復唱された。

序盤で一番の盛り上がりを見せたのは、春田と牧が橋の上で会話をするシーン。それまでのすれ違いに「話し合おう?」「行かないでー!」と悲痛な言葉を漏らしていた観客は、いい雰囲気を取り戻した2人に喜びの声を上げる。そして2人の顔がグッと近付くと「きんぴら! きんぴら!」とコールが起こり、会場は緑と青のペンライトの光で包まれた。

「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」は全国で公開中。

アプリで読む