Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ロバート・パティンソン版バットマンは、史上最もダークなキャラに? 歴代俳優から大胆予想!

リアルサウンド

19/11/9(土) 10:00

 先日バットマン80周年のイベントで来日した、DCコミックのCCO(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)ジム・リー氏にインタビューする機会がありました。ジム・リー氏はアメコミ界における伝説的なアーチストで、マーベルを含む他社で様々なアメコミ・ヒーローを手がけた後、DCに所属。DCでも多くの名作を生み出し、そしていまCCOとしてコミックのみならず、DCヒーローの登場する映画・ドラマ・アニメ・ゲーム・グッズ・テーマパークなどのすべてに関わる立場となりました。DCのキーマン中のキーマンです。

参考:『ジョーカー』が際立った作品に仕上がった3つの理由 一見シンプルだが考えれば考えるほど複雑に

 そんな方に「ロバート・パティンソンのバットマンについてどう思いますか?」と尋ねたら「正直に言うと、素晴らしいチョイスだと思う。僕は彼が“どういうバットマンを演じるか”より“どういうブルース・ウェイン(註:バットマンの正体)を演じるか”に興味があります。今までの役者さんも素晴らしい、そして毎回毎回新たなブルース像を見せてくれました。だから今度のパティンソンがどういうブルースになるのか、楽しみです」と答えてくれました。

 バットマンは幼少の頃、両親を目の前で強盗に殺されたブルースが、犯罪と戦うことを決意。両親から受け継いだ莫大な財産を使って身体を鍛え上げ、装備を整え<バットマン>と名乗って悪と戦う、というお話です。この設定自体は不動なのですが、ここに多くの映画作家たちが彼らなりの解釈を加えバットマン/ブルース・ウェインの物語を描いてきました。

 したがって “どの役者がブルースを演じたのか”というのは、監督たちのバットマン像とリンクしているわけです。例えばティム・バートンは「子どもの頃、トラウマとなる悲劇にあった人間が夜な夜な蝙蝠の滑降する、というのはサイコパスの物語であり、すごい怒りをもった人物」と解釈。だから目の奥に怒りを感じさせ狂気じみた演技が得意のマイケル・キートンをバットマンに演じさせました。しかしこのティム・バートン×マイケル・キートンのバットマンは暗すぎるという理由で2作で路線変更。よりタフガイ・ヒーロー色を求めヴァル・キルマー、60年代に人気を博したTVドラマ・シリーズのバットマンのイメージを復活させるべくTVドラマ『ER』でも人気だったジョージ・クルーニーがブルース役に起用されます。

 バットマンを仕切りなおしてクリストファー・ノーランがリブートさせた『ダークナイト』3部作ではクリスチャン・ベールがバットマンを演じました。ノーランは青年・ブルースの物語を描きたかった。だから撮影当時、まだ20代(映画公開の時に31歳ですから)だった若いクリスチャン・ベールを起用します。マイケル・キートンらが30代後半でバットマンを演じたのと比べて、若返らせたわけです。つまりそれまではバットマンというヒーローがすでに完成しているという前提でお話が作られていましたが、ノーランは青年がヒーローになっていくストーリーだったのです。

 このダークナイト3部作の後のバットマンことブルースはベン・アフレック。なんといき
なり40代です。この時は、DC(ワーナー)はスーパーマンら他のヒーローたちが共演する“ジャスティス・リーグ”の構想があり、バットマンを若いヒーローたちを率いるベテラ
ン・ヒーローと位置付けたかったので年長バットマンとなりました。そう、バットマンことブルースを、今までの監督たちがサイコパス・ヒーロー、タフガイ・ヒーロー、お茶の間ヒーロー、かけだしヒーロー、古参ヒーローとして描いてきたから、それによって役者が変わるわけです。

 さて今度のロバート・パティンソンですが、また30代に若返ったキャスティングとなります。監督のマット・リーブスがバットマンを若返らせた理由は、彼なりに悲劇を背負った青年・ブルースがバットマンになるまでを描いてみたいのかもしれません。同じアプローチだったクリストファー・ノーラン×クリスチャン・ベールの『バットマン・ビギンズ』(『ダークナイト』3部作の1作目)との差別化が楽しみです。また、パティンソンはベン・アフレックと比べて線が細い感じ。よりスリムなバットマンが観られるのでしょう。個人的には『トワイライト』シリーズのなんともいえない物悲しい顔が印象的です。今までのバットマン映画の中で、最も悲劇(影)を背負ったブルース像を見せてくれそうです。 (文=杉山すぴ豊)

アプリで読む