Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「プーと大人になった僕」ワールドプレミアに登壇したユアン・マクレガー。

「プーと大人になった僕」プレミア開催、ユアン・マクレガーの初来日決定

ナタリー

18/7/31(火) 23:00

ディズニーが贈る実写映画「プーと大人になった僕」のワールドプレミアが、アメリカのウォルト・ディズニー・スタジオ本社にて現地時間7月30日に開催。同時に、主演のユアン・マクレガーが初来日すると決定した。

この日のために、スタジオ内にはプーたちが暮らしていた“100エーカーの森”が作られた。プー、ピグレット、ティガー、イーヨーたちがくつろぐ森の中央には、メインシアターへと伸びる270mものレッドカーペットが。大勢のファンや約150人の海外メディアが待ち受けるカーペットへ、監督のマーク・フォースター、クリストファー・ロビン役のマクレガー、さらにキャストのヘイリー・アトウェルとブロント・カーマイケル、30年間プーに声を当て続けてきたジム・カミングス、イーヨーの声を担当したブラッド・ギャレットらが登場した。

初来日決定を受けマクレガーは、カーペットの上から日本のファンへ「待っててね!」と日本語でメッセージを送る。またプレミア前に行われた取材では、「すごく前から行きたかったんだ! (1996年製作の)『ピーター・グリーナウェイの枕草子』のときからだよ」と明かしたマクレガー。「日本に行くのをとても楽しみにしているよ。今まで映画をやってきた中で、日本に呼んでもらうことはあったけど、なぜかちょうどほかに撮影中の映画があって来日を断念していたんだ。もしかしたら個人的な理由で来日ができないのかと思われていたかもしれないけど、そうじゃないよ。やっと行くことができる」と喜びを語り、「日本のみんなに9月に会いに行くよ。クリストファー・ロビンと一緒にね!」とコメントした。

「プーと大人になった僕」は、9月14日より全国ロードショー。

(c)2018 Disney Enterprises, Inc.

アプリで読む