Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

NEWS「生きろ」はすべての人の心の道しるべに 4人が語った15周年ライブの模様から感じたこと

リアルサウンド

18/9/7(金) 7:00

 NEWSが、今夜9月7日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演し、9月12日にリリースする最新シングルから「生きろ」を披露する。加藤シゲアキの主演ドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』(日本テレビ系)の主題歌として、すでに多くのファンから親しまれている、この曲。作詞作曲は「チャンカパーナ」や「BLUE」「EMMA」など、これまでNEWSとタッグを組み、数々の名曲を生み出してきたヒロイズムだ。

(関連:NEWS、15周年記念公演で見せたグループへの愛 覚悟と気迫感じたステージを振り返る

 加藤シゲアキの歌い出しから、手越祐也、小山慶一郎、増田貴久へと一人ずつ丁寧に歌い継ぐ姿に、いつものNEWSらしさを感じつつも、サビの盛り上がりは今4人で歌えることの幸せを改めて噛みしめるような力強さが伝わってくる本作。ヒロイズムの得意とするアンセム感の強いメロディラインが心地よく、聞く人の心を高ぶらせる。人生の一発逆転を目指して、命がけのサバイバルゲームに挑む主人公・ゼロのエネルギーを投影したかのような「生きろ」は、そのまま懸命に走り続けるNEWSに、そしてその姿を応援し続けるファンの心情とも共鳴する曲となっているようだ。

 「一番は、エンドロールの『生きろ』をファンの方が歌ってくれたこと」。小山がパーソナリティを務めるラジオ『KちゃんNEWS』(文化放送)の8月21日放送回では、2年半ぶりに4人が揃って登場。8月11日、12日に味の素スタジアムで開催された、15周年ライブ『NEWS 15th Anniversary LIVE 2018 Strawberry』を振り返った。感動したシーンは「全部」と盛り上がる中で、小山はエンドロールで流れた「生きろ」のメロディに合わせた、ファンの大合唱が最も印象的だったと話す。

 〈生きろ! 何万回 言ったって 何万回 聞いたって 負けそうにまたなるけど いいさ 懸命に誓った 仲間の絆を 道しるべに〉一人ひとりが口ずさみ、やがて会場を包み込む。まだ発売前にも関わらず、自然発生的に湧き上がった歌声。それは、すでにステージを降りていてたメンバーにも届いていた。「あんな顔しながら、聴けてたの? 顔ぐしゃぐしゃになってたじゃん、般若みたいな顔なってたじゃん(笑)」と、加藤が茶化すほど、小山はバックステージで感激していたようだ。メンバーもスタッフも、まさかファンが歌ってくれるとは思ってもいなかったため、1日目では途中で切れてしまったというエンドロールを、2日目には作り直したという。

 そんなファンの想いに触れたとき、小山は笑われるほど顔をくしゃくしゃにして泣く、加藤はより不具合のないように立ち回り、手越は「みんなで歌ってくれるようにね!」と素直に喜び、増田はそんな3人の様子を冷静に見つめてメンバーから「生きろ!」と言われてしまう……と、やはり4人が集まるとどこまでも個性的で微笑ましい。NEWSの15周年は、決して平坦な道ではなかった。だからこそ、こんな他愛もないやりとりをずっと見守っていきたい、という気持ちがファンの中に強くあるのだろう。

 〈生きろ! 敗北を知ったって 0(どん底)にいたって またやり直せるだろ? そう授かった命の全てかけて 燃え尽きるまで〉NEWSを応援していると、長い人生には様々な逆風があり、それを一緒に乗り越えていくことが、“生きていく”ということなのだと知る。いつも現実は、厳しい。自らが引き寄せた苦難もあれば、自然災害をはじめとしたどうしようもない力によって引き起こされた、避けられない試練もある。それでも、私たちは生きていく。そのとき、力になるのは、一緒に前を向こうというきっかけをくれる歌だ。一人ひとりが口ずさんだ歌声が、やがて大合唱になる。それは、同じ想いに心を動かされている人は必ずいる、決してひとりじゃないという希望。NEWSの「生きろ」は人生を歩き進めるすべての人にとって、心の道しるべになることだろう。(文=佐藤結衣)

アプリで読む