Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ジャルジャル後藤

ジャルジャル後藤の“普通”ぶりを三谷幸喜がイジる「生で見ても普通」

ナタリー

19/9/14(土) 14:42

昨日9月13日、映画「記憶にございません!」の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 日比谷で行われ、ジャルジャル後藤が登壇した。

「記憶にございません!」は、市民の投石によって記憶をなくした悪徳総理大臣・黒田啓介が“善良なおじさん”へと変わってしまい、本気で日本を変えようとする政界コメディ。鶴丸官房長官(草刈正雄)の下で働く秘書官・矢代をジャルジャル後藤が演じるのは既報の通りだ。舞台挨拶には後藤のほか、同じくキャストの中井貴一、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市、小池栄子、斉藤由貴、木村佳乃、吉田羊、監督の三谷幸喜が出席している。

イベントの冒頭、豪華役者陣に囲まれた後藤は「『なんでジャルジャルの後藤がそこに立ってんねん』と思う方がいるかもしれませんが僕もそうです(笑)」と挨拶。続けて「もしかしたら監督が僕らの漫才やコントを見て、その演技面を評価してくださったのかと思っていたのですが、衣装合わせのときに理由を聞いたら『テレビにすごく普通の人が出ているなと思って、それが後藤くんでした。生で見ても普通ですね』と言われました」とオファーの理由を明かし、客席の笑いを誘った。

後藤は撮影時について「経験がないので緊張しっぱなしでしたが、合間合間に監督が話しかけて緊張をほぐしてくださった。そのおかげで撮影にすんなり入り込めたところはあります」と回想。続けて「監督に『スプーン曲げできますか?』『佐藤さんにスプーン曲げ見せてきてくださいよ』言われたことがあって、どういうノリなんやろうって思いました。未だに謎です」とエピソードを語るが、三谷本人は「まったく記憶にない。さっき後藤さんに裏でお会いしたときも『あれ? なんでこの人いるんだろう』と思いました。そもそも映画に出てました?」とトボけていた。

「記憶にございません!」は全国で上映中。

(c)2019フジテレビ 東宝

アプリで読む