Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から唐十郎、金守珍、窪田正孝、柚希礼音。

窪田正孝&柚希礼音がW主演、金守珍演出「唐版 風の又三郎」が2019年上演決定

ナタリー

18/9/20(木) 12:00

Bunkamura30周年記念 シアターコクーン・オンレパートリー2019「唐版 風の又三郎」が来年2019年2月から3月にかけて東京、大阪で上演され、窪田正孝と柚希礼音がW主演を務めることがわかった。

唐十郎作の本作は1974年に状況劇場公演として初演された作品。今回の演出は2016年の蜷川幸雄追悼公演「ビニールの城」で演出を務めた金守珍が担当する。キャストには織部役の窪田、エリカ役の柚希のほか、夜の男役に北村有起哉、死の青年役に丸山智己、桃子役に江口のりこ、死の少年役に大鶴美仁音、梅子役にえびねひさよ、そして珍腐役に石井愃一、風の商人役に山崎銀之丞、淫腐役に金、乱腐役に六平直政、教授役に風間杜夫が名を連ねた。なお窪田は2013年に唐作、蜷川演出の「唐版 滝の白糸」に出演している。

作中では宮沢賢治の「風の又三郎」やギリシャ神話、シェイクスピアの「ヴェニスの商人」、さらに1973年に起った自衛隊員による隊機乗り逃げ事件を織り交ぜた“幻想恋愛劇”が展開。精神病院から逃げてきた青年・織部と宇都宮から流れてきたホステスのエリカは東京の下町で出会う。“風の少年”に憧れる織部は、その面影をエリカの中に見出し、エリカは自衛隊の練習機を乗り逃げした恋人を探す道連れとして、青年を利用する。しかし探し当てた恋人はすでにこの世の人ではなく……。

公演は来年2019年2月8日から3月3日まで東京・Bunkamura シアターコクーン、3月8日から14日まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて。東京公演のチケットは11月25日、大阪公演のチケットは2019年1月中旬に発売予定。

金守珍コメント

唐ワールドの魅力は何といっても異次元の世界にワープし、物語の飛躍を楽しめることだ。渦巻き状のパワーを秘めたタイムトンネルをくぐり抜けることで、限りなく自由な想像力を我々に与えてくれる。
この渦巻き状のパワーは荒々しい北風にも似て東北から生まれた宮沢賢治の世界とあいまってロマン溢れるファンタジーの世界を醸し出している。
この度、素晴らしいキャスト・スタッフと共に「唐版 風の又三郎」をシアターコクーンで上演できることはこの上ない喜びである。
ぜひとも劇場に足を運び、唐ワールドのダイナミックで美しい飛翔のイメージとノスタルジックな叙情をたっぷりあじわって頂きたい。

窪田正孝コメント

蜷川幸雄氏演出「唐版 滝の白糸」でアリダを演じたのが昨日のことのように感じます。
あれから5年も経っているとは。
再び唐版に携われることが光栄です。
風のようにやわらかく
風のように凶暴に
風のように自由に
風のようにカタチにとらわれず
唐版の戯曲を、言葉遊びに酔いしれたい。

柚希礼音コメント

この度「唐版 風の又三郎」に出演させていただくことになり身の引き締まる思いでございます。
今まで出演させていただいた作品とは全然違う世界で、そして私ごとですが、来年芸歴20周年を迎え、その幕開けがこの作品になり、新人のつもりで体当たりで全てをかけて学ばせていただきたいと思っております。
演出の金さんを始め、ご一緒させていただく窪田正孝さん、素晴らしい共演者の皆様からもたくさんのことを吸収させていただき、おもいっきり挑みたいと思います。
このような素晴らしい体験ができることに感謝しながら、今までの自分からもまた一つ殻を破ることができたら……、そして憧れのシアターコクーンで演じることができるのも楽しみです。
是非とも楽しみにお待ちください。宜しくおねがいいたします。

Bunkamura 30 周年記念 シアターコクーン・オンレパートリー2019「唐版 風の又三郎」

2019年2月8日(金)~3月3日(日)
東京都 Bunkamura シアターコクーン

2019年3月8日(金)~14日(木)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

作:唐十郎
演出:金守珍
出演:窪田正孝、柚希礼音、北村有起哉、丸山智己、江口のりこ、大鶴美仁音、えびねひさよ、広島光、申大樹、染野弘考、小林由尚、加藤亮介、三浦伸子、渡会久美子、傳田圭菜、佐藤梟、日和佐美香、清水美帆子、石井愃一、山崎銀之丞、金守珍、六平直政、風間杜夫

アプリで読む