Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

『へんしんっ!』公開日が6月19日に決定 “なにかが変わる”を表現した予告編も

ぴあ

21/4/12(月) 12:00

『へんしんっ!』 (C)2020 Tomoya Ishida

続きを読む

第42回ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2020」グランプリに輝いた『へんしんっ!』の公開日が6月19日(土)に決定。あわせて予告編が公開された。

体とからだ、人とひと。ちがうをつなぐ、こころとは。本作は驚きの、歓びのドキュメンタリー。電動車椅子を使って生活する石田智哉監督は「しょうがい者の表現活動の可能性」を探ろうと取材をスタート。演劇や朗読で活躍する全盲の俳優・美月めぐみ、ろう者の通訳の育成にも力を入れているパフォーマーの佐沢静枝といった多様な「ちがい」を橋渡しする人たちを訪ねる、

東京・ポレポレ東中野、ほか全国の一般般劇場では、日本語字幕、音声ガイドありの「オープン上映」を行う。石田監督が探究したものを表現するため、「日本語字幕」をスクリーンに投影し、「音声ガイド」を劇場内のスピーカーから流す。それを観客みんなで観ることによる気づきや発見をシェアしたいとの思いから、このかたちを「バリアフリー上映」ではなく、「オープン上映」と名付けられた。※ユニバーサルシアター シネマ・チュプキ・タバタでは、音声ガイドは劇場内のスピーカーではなく、イヤホンから流れる。



公開された予告編では、石田監督はじめ、ダンサー・振付家の砂連尾理ら登場人物たちが登場。佐沢静枝氏の「一生懸命手話をしても伝わらない」、美月めぐみ氏の「目で見ることだけが「みる」じゃないんじゃないか」といった言葉から、多様なちがい、そのちがいをどうつないでいくのか、石田監督の対話から映画作りへの葛藤や変化が感じ取れる。最後は、はじまりを感じさせるモーションや効果音で、「なにかが変わる」を表現した予告編となっている。

予告編は別バージョンの第二弾も制作予定。

『へんしんっ!』
6月下旬、ポレポレ東中野、シネマ・チュプキ・タバタにて公開
他全国順次

アプリで読む