Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「恋するアンチヒーロー THE MOVIE」完成披露舞台挨拶の様子。

「恋するアンチヒーロー」高崎翔太が高橋健介にイジられ「嫌な後輩を持ちました」

ナタリー

19/7/21(日) 15:24

「恋するアンチヒーロー THE MOVIE」の完成披露舞台挨拶が本日7月21日に東京・東京証券会館ホールで行われ、キャストの高崎翔太、橋本祥平、根本正勝、佐分利眞由奈、高橋健介、亀田侑樹、上田堪大、聡太郎が登壇した。

演劇集団イヌッコロの舞台を映画化した本作は、世界征服をたくらむ悪の秘密結社シャムニャーンの戦闘員・真中進を主人公としたアクションラブコメディ。完成した作品の感想を問われた高崎は「うーん、聡太郎さんはどうでした?」と質問する。聡太郎は「そうですね、僕の登場シーンがよかったと思います」と淡々と述べるも、「でもね、僕まだ観てないんです!」と白状し、登壇者たちを笑わせた。

続けて高崎は、高橋演じる狂犬戦隊ガルルンジャーのリーダーであるガルレッド / 赤沢勝について言及。高橋がテレビシリーズ「ウルトラマンX」で主演を務めていたことから、高崎は「もともとウルトラマンだったのに、あんなに悪い役できる?と思ってたんですけど、めちゃめちゃハマってたわ!」と述べる。高橋は「(会場に)子供いないかな、大丈夫?」と見回し、「翔太くんが先に完成版を観たんですけど、『健介よかったよ! めっちゃ嫌なやつだったわ』って言われて、これディスられてるんじゃないのかと思いました」と苦笑。しかし高崎は「いやもう、(赤沢の)まんまだよ! まんま!」と興奮気味に続けた。

撮影に入る前にキャストたちで芝居の方向性を話し合ったと語る高崎。「大きく芝居をしてテンポよく笑いを取っていくのか、映画的に無駄なセリフを省いて間を取っていくのか、ということを真剣に話しました」と振り返る。撮影そのものは順調に進んだものの、あるキャストの登場で“窮地”に陥ることもあったという。高崎は「富田翔さんが出てくると、アドリブでみんな笑っちゃうから現場が押すんですよ(笑)。1回現場がピリピリしまたよね」と明かす。橋本も「本当に大変だったんです。しかも根本さんも乗っかっちゃうんですよ!」と、根本に苦言を呈する。高崎と橋本から「セコいんすよ!」「乗っかる人は笑わないからズルい」と口々に言われながらも、根本はクールな表情を浮かべていた。

最後の挨拶を求められた高崎は「この映画を観て、がんばっている人がいるんだなと思っていただけたり、何かを始めるときの勇気になればうれしいです」と真面目に語り出すも、忍び笑いをしていた観客に向かって「もう、面白かったか!? 今の!」と怒るふりをする。高崎が勢いのまま客席に向かって歩き出すと、高橋が「一歩が短い!」と制し、高崎の歩き方をイジって観客を笑わせた。脚の長さを測ろうとする高橋に対して高崎は「嫌な後輩を持ちました……」と嘆きながらも、笑顔を見せつつ「とにかくこの映画を面白いと思っていただけたら皆さんに広めていただけますとうれしいです!」とアピールする。イベント後にはマスコミ向けのフォトセッションが行なわれ、監督の小泉剛も参加した。

「恋するアンチヒーロー THE MOVIE」は、8月30日より東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開。

(c)2018 羽仁修/「恋するアンチヒーロー」製作委員会

アプリで読む