Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

映画「ひとよ」より。

「凶悪」「孤狼の血」手がけた白石和彌監督の最新作で千鳥大悟がチンピラ役

ナタリー

19/6/26(水) 7:00

11月8日(金)に全国公開される映画「ひとよ」に千鳥・大悟が出演することがわかった。

「ひとよ」は「凶悪」「孤狼の血」などを手がけてきた白石和彌監督の最新作で、桑原裕子率いる劇団KAKUTAの舞台を映画化するもの。15年前の事件がきっかけで別々の人生を歩んでいた稲村家の母と3兄妹が再会し、崩壊した絆を取り戻そうとするヒューマンドラマだ。主演・佐藤健が、うだつの上がらないフリーライターとして働く稲村家の次男・雄二に扮する。

大悟はチンピラ・友國淳也役を担当。撮影については「白石監督は『孤狼の血』とかを観て、勝手にめちゃくちゃ怖い人かなと思っていたら、すごく物腰の柔らかい方でびっくりしました。クセは強くなかったですね。とても優しい紳士な方でした。撮影は緊張しました。フワッフワしたまま『こんなことになるんや』と思いました」とコメントしている。

このほかのキャストには鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子、佐々木蔵之介、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMIが顔を並べた。

アプリで読む