Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

“天陽くん”はいつまでも心の中に 『なつぞら』吉沢亮が描き遺したなつの姿

リアルサウンド

19/9/5(木) 12:00

 なつ(広瀬すず)の大切な幼馴染の天陽(吉沢亮)がこの世を去った。感情的になることもなく、努めて冷静でいるように見えていた彼女だったが、やはりその心中の悲しみと苦しみは計り知れない。

 連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合)第136話では、なつが雪月を訪れる。そこで彼女は、天陽が描いたという“あるもの”を、同じく幼馴染である雪次郎(山田裕貴)のその父・雪之助(安田顕)から見せられた。

【写真】雪之助(安田顕)と天陽(吉沢亮)

 娘の優(増田光桜)を連れて、雪月を訪れたなつ。そこにはもちろん、幼馴染の雪次郎と、その妻であり、なつの姉妹でもある夕見子(福地桃子)がいる。大切な友人を亡くしたばかりのなつだが、それはみな同じこと。こうして残された者同士が身を寄せ合うことができることが、せめてもの救いだろう。

 そしてさらにそこへ、雪次郎の母・妙子(仙道敦子)、祖母・とよ(高畑淳子)、そして父の雪之助も顔を出し、にぎやかな場となる。いまや一人前の菓子職人となった(とはいえ、この手の職業にゴールはないのだろう)雪次郎の自慢の菓子を囲みながら、おのおのが天陽へ思いを馳せる。

 そんな中、雪之助がなつに“あるもの”を見せる。それは、雪月の銘菓を包むための包装紙で、その表面の絵を、天陽が描いたのだという。そこに描かれているのは、のどかな大草原に佇む、一人の少女の姿。それは私たちも知っている、幼い頃のなつの姿そのものだ。「なっちゃんが挫けそうになったら、それで包んで雪月のお菓子を送ってあげて」と天陽は口にしたようで、「雪月のお菓子がたくさんの人を喜ばせるように、なっちゃんもたくさんの人を喜ばせなくちゃならない。それをなっちゃんも感じてくれるはず」という強い想いが、そこに込められているようだ。天陽にとって、いかになつの存在が大きかったのか。

 雪次郎は「天陽がいなくなったとはとても思えない」と言い、なつの兄・照男(清原翔)の義父・弥市郎(中原丈雄)は「天陽の人生は長い短いではなく、ただそこにいる」と、天陽と同じくアーティストらしい想いを語った。天陽はいつまでも、みなの心の中にいるのだ。

 夜になると、なつは一人で机に向かい、画用紙の上で筆を走らせた。立ち止まってはいられない。また何かが新たに始まるーーそんなことを思わせてくれるものが、なつの横顔からは垣間見えた。

(折田侑駿)

アプリで読む