Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

サンダンス映画祭、1月28日から開催

ぴあ

21/1/28(木) 12:00

『Judas and the Black Messiah』 Sundance.org

サンダンス映画祭が、現地時間1月28日からスタートする。コロナの影響を受け、今年はヴァーチャル中心での開催。当初予定されていた南カリフォルニアでのドライブイン上映も、感染が拡大したのを受けて中止になっている。

今年のラインナップは半分が女性監督であること特筆すべき点。新人監督も半分を占めることから、いつも以上に発見のある映画祭になりそうだ。新人監督には、ロビン・ライト、レベッカ・ホール、クエストラブも含まれる。ライトの映画は『Land』で、ライト本人とデイミアン・ビチルらが出演。ホールの作品『Passing』にはテッサ・トンプソン、ルース・ネガ、アレキサンダー・スカルスガルトが出演する。クエストラブは、ドキュメンタリー映画『Summer of Soul』を監督する。

その他に注目されるのは、ダニエル・カルーヤが主演するイリノイ州のブラックパンサーのリーダーについての『Judas and the Black Messiah』、園子温監督、ニコラス・ケイジ主演の『Prisoners of the Ghostland』、ジェシー・アイゼンバーグ、ケイト・ボスワースが出演する『Wild Indian』、『RBG 最強の85才』の女性監督コンビが贈る、やはり女性のために戦った女性のドキュメンタリー『My Name Is Pauli Murray』、中国政府のコロナへの対応を描くドキュメンタリー『In the Same Breath』、エドガー・ライトが監督する音楽ドキュメンタリー『The Sparks Brothers』など。

サンダンスで初上映され、話題を呼んだ作品が、その年の末から翌年にかけてのアワードシーズンで健闘するケースはしばしば見受けられる。今年のオスカーに食い込みそうな『ミナリ』『Promising Young Woman』『Never Rarely Sometimes Always』なども、昨年のサンダンスでお披露目されている。

映画祭は2月3日まで。

文=猿渡由紀

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む