Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

LACCO TOWER 「若葉ノ頃」発売記念ホールツアー2018「五人囃子の新時代」東京・昭和女子大学人見記念講堂公演の様子。(Photo by Masanori Fujikawa)

LACCO TOWER“五人囃子の新時代”を見せつけた初ホールツアー終幕

ナタリー

18/10/1(月) 16:41

LACCO TOWERが初のホールツアー「LACCO TOWER 『若葉ノ頃』発売記念ホールツアー2018『五人囃子の新時代』」の最終公演を9月24日に東京・昭和女子大学人見記念講堂にて開催した。

中秋の名月のこの日。暗転すると静かなBGMと共にステージに満月が映し出され、場内に幻想的なムードが漂う。そしてBGMが止まると、最新アルバム「若葉ノ頃」の衣装を着用しステージセットに腰掛けるメンバーの姿があらわに。歓声を受けた彼らはゆっくりと歩きながらそれぞれに定位置に進み、全員が定位置に着いたところで、「若葉ノ頃」の1曲目「若葉」でライブの幕を開けた。

松川ケイスケ(Vo)が「とうとうたどり着くことができました。こんな“五人囃子”でございますが、楽しい旅の終着点にできれば」と意気込むと、バンドは重田雅俊(Dr)による勇ましいドラミングに乗せた「蜜柑」、塩崎啓示(B)と細川大介(G)がお立ち台に登るなど激しく動き回ってプレイした「純情狂騒曲」、真一ジェット(Key)がショルダーキーボードに持ち替えて客席内を練り歩いた「傷年傷女」と、アグレッシブなナンバーを投下して盛り上げていく。しかしそれまでの雰囲気を断ち切るように届けられたバラード「切手」では切ない空気が漂い、続く「最果」ではオレンジ色の照明と相まり、さらに感傷的なムードが広がった。真一のソロプレイからなだれ込んだ和風の「薄荷飴」で独特の世界観が生み出されたあとには、細川が椅子に腰掛けてメランコリックなギターを奏で、松川がアカペラで「遥」を静かに歌い始めるなど、5人はさまざまな表情で観客を魅了していった。

中盤には「こんな景色を見れるまで、なんとかやってこれました」と感激した様子を見せた松川。彼はこの日のライブを振り返り「1時間前、ライブが始まって『若葉』を歌い始めたとき、LACCO TOWERの曲は俺らだけのものじゃないんだと思いました。俺らの曲が皆さんの人生のどこかに刺さってくれたから、ここにいてくれるんんだと思う。そのタイミングが増えるだけで俺らは幸せ」と、客席を見渡しながらうれしそうに語った。そしてファンへの感謝の気持ちを述べたあと「これからは俺らがみんなの背中を押せれば」と告げ、「雨後晴」をプレイ。間奏では松川が「背中を押してくれてありがとう」とさらに言葉を重ねていた。

重田のドラムソロ、塩崎のベースソロで観客を惹きつけたあと、松川、塩崎、真一、細川が黒いフードをかぶった衣装に着替えて再登場。5人は「狂喜乱舞」でまさに“乱舞”を見せると、「怪人一面相」「火花」と精巧なナンバーで再び場内をヒートアップさせる。そして松川の「受け取ってください、僕らからの愛情です」との言葉から「愛情」をプレイ。後半のシンガロングパートでは温かな歌声が会場いっぱいに広がり、感動的なムードの中、本編が締めくくられた。

アンコールではメンバー1人ひとりがツアーの感想を口に。本ツアーでバンドの成長を感じたという真一は「まさに“五人囃子の新時代”だと思いました」とツアー名にちなんだ感想を述べた。最後に松川が「(ファンに)何を返せるかわからないけど、僕らはカッコいいロックバンドで居続けるので、どうか着いてきてください」と改めて今後の決意を語り、バンドは「花束」「薄紅」を穏やかな表情で届けて初のホールツアーの幕を下ろした。

なおLACCO TOWERは10月7日より同名を掲げたライブハウスツアーを開催する。

LACCO TOWER 「若葉ノ頃」発売記念ホールツアー2018「五人囃子の新時代」
2018年9月24日 昭和女子大学人見記念講堂 セットリスト

01. 若葉
02. 未来前夜
03. 非英雄
04. 蜜柑
05. 純情狂騒曲
06. 傷年傷女
07. 切手
08. 最果
09. 薄荷飴
10. 遥
11. 雨後晴
12. 狂喜乱舞
13. 怪人一面相
14. 火花
15. 愛情
<アンコール>
16. 花束
17. 薄紅

LACCO TOWER「若葉ノ頃」発売記念ライブハウスツアー2018「五人囃子の新時代」

2018年10月7日(日)広島県 HIROSHIMA BACK BEAT
2018年10月20日(土)群馬県 高崎clubFLEEZ
2018年11月11日(日)岩手県 the five morioka
2018年12月1日(土)静岡県 Shizuoka UMBER
2018年12月8日(土)東京都 下北沢SHELTER

※塩崎啓示の「崎」は山へんに「立」と書いて「可」の異体字が正式表記。

アプリで読む