Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

成田凌×周防正行監督『カツベン!』に池松壮亮、成河、酒井美紀、山本耕史が出演

リアルサウンド

19/7/23(火) 12:00

 12月に公開される成田凌主演映画『カツベン!』の追加キャストとして、池松壮亮、成河、酒井美紀、山本耕史の出演が発表された。

参考:周防正行監督4年ぶり最新作、大正時代黎明期が舞台の“活劇”に 「映画の魅力が湧き上がるものに」

 本作は、『Shall we ダンス?』『それでもボクはやってない』の周防正行監督5年ぶりの最新作。今からおよそ100年前、日本では映画が「活動写真」と言われていた。当時最先端だった映画はサイレントでモノクロ。日本人が映画の虜になったのは、楽士の奏でる音楽と共に、独自の“しゃべり”で観客を映画に引き込む“活動弁士”、通称“活弁(カツベン)”がいたからだった。

 七色の声を持つ天才的な活動弁士の主人公には、“声”にまつわる壮絶なオーディションを勝ち抜き、映画初主演に挑戦する成田が抜擢。ヒロインを黒島結菜が演じるほか、永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹野内豊ら周防組初参加の面々に加え、竹中直人、渡辺えり、小日向文世ら周防作品おなじみのキャストたちも集結する。

 池松は、映画黎明期を支えた実在の映画監督・二川文太郎を演じる。日本映画の未来を見据える若き活動写真監督を演じる池松は、「実在の人物の役ですが、映画を純粋に繋いでくれた先人達には無条件の尊敬があります」と役柄への想いを語る。ミュージカル俳優の成河は、主人公の俊太郎が働くことになる町の映画館「青木館」の映写技師役で出演。一本気な技師・浜本に扮する成河は、「当時の映写技師の編集技術習得がとにかく大変でした」と語り、現代ではほぼ使うことのないフィルムの扱いに苦労したよう。

 酒井は、ヒロイン梅子の母親を演じる。「いつか周防監督とご一緒したかった」と語る酒井は、初の周防組の撮影に特別な思いを感じたと明かしている。山本は、日本映画の礎を築いた“映画の父”として知られる牧野省三として出演。2007年の『それでもボクはやってない』以来、12年ぶりの周防組参加となる山本は、「当時の映画人が持っていた勢いをみなさんに感じていただければと思います」とコメントしている。なお、成河、酒井、池松は、周防組初参加となる。

【コメント】
■池松壮亮
活動弁士が題材の映画と聞き、とても面白いなと思いました。日本にしか無かった文化だと知り更に興味を覚えました。実在の人物の役ですが、映画を純粋に繋いでくれた先人達には無条件の尊敬があります。周防監督のもと、職人気質なスタッ フに囲まれて、ほんの数日間でしたが良い時間を過ごす事が出来ました。

■成河(ソンハ)
大正時代の映写技師は、器具を使わずハサミと薬品だけでフィルムを手繋ぎして編集するので、
その技を会得するのがとにかく大変でした。当時使われていた貴重な映写機を実際に使わせて頂けたことも大切な思い出です。

■酒井美紀
いつか周防監督とご一緒したいと思っておりました。撮影の日は、うれしさと緊張の感情のうねりが交互にやってきていましたが、周防監督の持つ穏やかな雰囲気に包まれ、カツベンの一部になれるよう気を引き締めて撮影に挑みました。とても楽しい時間でした。

■山本耕史
『それでもボクはやってない』以来の周防組でしたが、監督の現場は相変わらず穏やかで、ひとりの役者として撮影に参加しているのがとても楽しい現場でした。日本映画の父と呼ばれる牧野省三役を演じさせていただきましたが、当時の映画人が持っていた勢いをみなさんに感じていただければと思います。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む