Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「MANRIKI」スペシャルトークイベントにて、左から斎藤工、永野。

斎藤工の“愛の言葉”に永野「聞き飽きた」、「MANRIKI」相思相愛トーク

ナタリー

19/11/24(日) 21:18

「MANRIKI」のスペシャルトークイベントが本日11月24日に東京・蔦谷家電で行われ、斎藤工と永野が登壇した。

本作は斎藤、永野、金子ノブアキ、清水康彦が結成した映像制作プロジェクト「チーム万力」による初の長編映画。万力で小顔矯正を施術する美容クリニックに駆け込んだ女性の顛末がシュールに描かれる。2人は出演のみならず、永野が原案と脚本を手がけ、斎藤が企画およびプロデュースを担当。ここ最近はプロモーション活動のため毎日顔を合わせているそうで、2人は「いよいよ嫌いになりそう」「最後は喧嘩するでしょうね」と憎まれ口をたたき合った。

数々の取材をこなし、自分たちの関係について幾度も話してきたという2人。斎藤は「感度の高い人は永野さんの世界に気付いているんです。『ラッセンの人』だけじゃない、その奥に広がる独創的でアーティスティックで唯一無二の世界がある。何層にもなった奥行きに惹かれていきました」と改めて永野への印象を口にした。永野は「この“愛の言葉”は聞き飽きた!」と言ってのけ、「僕は僕で、(斎藤を)『セクシーな人』みたいに見てないんで。もちろんそれも大事ですけど、そこだけじゃない」と熱く語り、互いに照れ臭そうに目を合わせる。

本日のイベントは、斎藤が連載「齊藤工 活動寫眞館」を担当している雑誌フィガロジャポンが「MANRIKI」の特集を展開した記念で開催されたもの。本作ではフォトグラファーの荒井俊哉が撮影を担当しており、斎藤はその理由を「ファッションの側面から荒井さんに『MANRIKI』を切り取ってもらいました。ただのスプラッターじゃなくて、アートフィルムとして成立する世界を作り出してくれました」と語る。また劇中で永野演じる役の性別が明かされていないことにも触れ、「最初はナレーションで『男おばさん』とか『女おじさん』なんて言ってましたが、それもなくして。どちらの性に映るかわかりません」と観客に期待の目を向けた。

永野の世界観に共鳴し、斎藤らが集まって作られた本作。クリエイターとしても作品を手がけてきた斎藤は「日本では役者が映画を作ること自体ニーズがないというか。圧力までは行かないけれど、決して望まれていないと思うんです。でも今年も『岬の兄妹』『メランコリック』『ひとよ』だったり、意味深い作品が生まれて。『MANRIKI』もその1つになると思います」と自信をのぞかせる。永野は「(斎藤の言動に)触発されましたよ」と制作過程を振り返り、「とがることって僕の中ではちょっと恥ずかしく感じるんですケど、すごくとがってかっこつけた映画が完成したので皆さんびっくりするかも。人間の生々しさとおしゃれが同一のところにあるのが『MANRIKI』です」とアピールした。

「MANRIKI」は11月29日より東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開。

※「MANRIKI」はR15+指定作品

(c)2019 MANRIKI Film Partners

アプリで読む