Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

YOSHIKI(X JAPAN)

SixTONESデビュー曲はYOSHIKIプロデュース「滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ」

ナタリー

19/11/19(火) 20:30

2020年1月22日にデビューするSixTONESのデビュー曲(タイトル未定)を、X JAPANのYOSHIKIがプロデュースすることが決定した。

これは、本日11月19日に東京・東京国際フォーラム ホールAで行われたSixTONESのワンマンライブの中で発表されたもの。YOSHIKIがジャニーズ事務所所属のアーティストへ楽曲を提供するのは、今回が初となる。

SixTONESをプロデュースする滝沢秀明氏は今年の春にYOSHIKIへ熱いラブコールを送ったという。YOSHIKIは滝沢氏の熱心な思いと海外での活動を視野に入れたSixTONESの目標や思い描く夢に共感し、オファーを受けた。デビュー曲はエッジの効いた激しさの中に優しさや美しさも持ち合わせる、YOSHIKIいわく「意図的に“YOSHIKI メロディ”を取り入れた」大作に仕上げられている。

今回の楽曲提供について、YOSHIKIは「滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ、また『SixTONES』が海外での J-POP のイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信したので、楽曲提供およびプロデュースを引き受けさせて頂きました」とコメント。SixTONESへ向けて「先見の明を持つ滝沢さんのもと、メンバー個々の魅力に加え、高度な歌唱力とパフォーマンス力を持つ『SixTONES』という素晴らしいグループが今後どのように進化していくのか、とても楽しみです」と言葉を送っている。

YOSHIKI コメント

滝沢さんからお話をいただいたのは、ジャニーさんがご存命の頃でした。あまりにも自分のスケジュールが過密だったため、安易に引き受けると後々ご迷惑をかけると思い、お断りするつもりでお会いしましたが、滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ、また「SixTONES」が海外での J-POP のイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信したので、楽曲提供およびプロデュースを引き受けさせて頂きました。楽曲については滝沢さんとも話し合い、意図的に“YOSHIKI メロディ”を取り入れました。先見の明を持つ滝沢さんのもと、メンバー個々の魅力に加え、高度な歌唱力とパフォーマンス力を持つ「SixTONES」という素晴らしいグループが今後どのように進化していくのか、とても楽しみです。デビュー、おめでとうございます。

アプリで読む