Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

サヤテイが“語りと音楽”“ダンスと音楽”を掲げた2作品をプロデュース

ナタリー

19/6/25(火) 10:53

「Rey Camoy 鴨居玲という画家がいた」と「Cammille カミーユ・クローデル」が8月に東京・スパイラルホールにて上演される。

本企画は、舞台の企画・制作などを行うサヤテイのプロデュース公演。8月9・10日は、画家・鴨居玲をテーマに、アマヤドリの広田淳一が脚本・構成、温泉ドラゴンのシライケイタが演出、中村恩恵がステージングを手がける“語りと音楽”「Rey Camoy~」が上演され、8月11・12日はカミーユ・クローデルをイメージした中村の演出・振付作品「Cammille~」が披露される。

「Rey Camoy~」には首藤康之、シライ、山口馬木也が、「Cammille~」には首藤と中村のほか新国立劇場バレエ団の小野絢子と中島瑞生が出演。また両作品ともバイオリニストの郷古廉が出演する。

「サヤテイプロデュース・夏のスパイラル2公演!」

2019年8月9日(金)~12日(日・振休)
東京都 スパイラルホール

「Rey Camoy 鴨居玲という画家がいた」

2019年8月9日(金)・10日(土)

脚本・構成:広田淳一
演出:シライケイタ
ステージング:中村恩恵
出演:首藤康之、シライケイタ、山口馬木也

「Cammille カミーユ・クローデル」

2019年8月11日(日・祝)・12日(月・振休)

演出・振付:中村恩恵
出演:小野絢子、首藤康之、中島瑞生、中村恩恵

アプリで読む