Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

「おあきと春団治」主演の藤山直美、西川きよし&忠志に「コツコツ親子最高!」

ナタリー

藤山直美(c)松竹

7月に東京・新橋演舞場で上演される「おあきと春団治~お姉ちゃんにまかしとき~」のリモート合同取材会が昨日6月15日に行われ、主演の藤山直美が参加した。

本作は、明治、大正、昭和の大阪を舞台に、上方落語の爆笑王として知られる桂春団治と、その姉・おあきの数奇な運命を描く作品。本作は5月21日から6月6日まで大阪・大阪松竹座でも上演予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止となった。

現在大阪で稽古中の藤山は「ようやく1本のお芝居として筋が通ってきて、それぞれの役の性格や人生が現れてきました。それまでは“闇鍋”みたいに手探りの状態で大変でした(笑)」と笑顔を見せる。春団治のイメージを問われた藤山は「春団治さんは、父の藤山寛美がよく演じさせていただいていましたが、チャーミングでカリスマ性のある方だったのではないでしょうか。常識面はちょっと欠如していたかもしれませんけど(笑)」と述べ、記者たちの笑いを誘った。

過去に春団治の妻・おとき役を演じた経験のある藤山は、今回演じる春団治の姉・おあきについて、「規格外な弟を支え続けた人。私も作品の中で弟に愛情を注いでいけたら」と意気込みを語り、「(春団治役の)西川忠志さんと楽しく姉弟を演じております。私自身は女姉妹なので、『弟がいたらこんな感じなのかな』と想像しながら稽古していますね。忠志さんは真面目でいらっしゃるので、春団治の破天荒な部分を作るのに苦労されていると思います」と稽古でのエピソードを明かした。

姉弟の父である河田友七役の西川きよしについて、藤山は「きよし師匠は存在感がすごい。そこにいらっしゃるだけで面白いんです。横山やすし・西川きよしと言えばもう歴史上の人物ですから(笑)、今回ご一緒させていただけてうれしい。きよし師匠も息子の忠志さんも真面目で、本当に『小さなことからコツコツと』やっていらっしゃるので、見習いたいですね。“コツコツ親子”最高!(笑)」と西川親子に信頼を寄せた。

藤山は「テレビもなかった時代、厳しい芸の道を歩んだ大阪の芸人さん、そしてそれを支え続けたお姉ちゃんの姿を通して、はかなくて、さみしくて、楽しいお芝居にできたら」と目標を掲げる。また最後に「感染症対策は万全に、上演に向けてお稽古しています。ステイホームでストレスが溜まっている方もいらっしゃると思いますが、喜劇を観て笑っていただけたらうれしいです」と観客にメッセージを送った。

「おあきと春団治~お姉ちゃんにまかしとき~」の公演は、7月3日から26日まで。

「おあきと春団治~お姉ちゃんにまかしとき~」

2021年7月3日(土)~26日(月)
東京都 新橋演舞場

脚本:寺田夢酔
演出:筒井庸助

キャスト

おあき:藤山直美

桂春団治:西川忠志
「和泉家」大旦那:いま寛大
サーベル:金子昇

原田ウメ:大津嶺子
桂文枝:田村亮

河田友七:西川きよし(特別出演)
ほか

アプリで読む